最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

「オリジナル」の記事一覧

オオミミズ

それは去年の夏、一人の少女が体験した出来事である。 高校生のノリコは、所属する女子陸上部の野外合宿に参加した。 そこでは、恒例のハイキングを行う。 好天に恵まれ、都会育ちの彼女には心地良い風がとても新鮮だった。 登山道の脇に花が咲いていた。 「わあー、きれい!」 何という花だろう?何か、不思議と心が引き寄せられる。 ふらふらと近づき、つい見とれてしまった。 「あっ、いっけなーい

河童

紀子はとある田舎の高校生であった。 来年の大学入試に向けて夏休みも家に篭りきりで 苦手な数学の式を延々と解いていた夏休み。 そんな夏休みの、中でもひときわ暑い晴れた日のことであった。 机に向けていた目をふと上げると遠くに入道雲が見え、 その下には遠く緑に覆われた山々があり、そのふもとには 細いながらも深く、綺麗な水が流れる川がある事を紀子は知っていた。 昔はよく泳ぎに行ったの

舞子

彼女の名前は単に「舞子」としておこう。 仮名かもしれない。本名かも知れない。 彼女は私立の女子大生であった。 それなりの大学に合格し、その後はそつなく卒業まで歩みを進め、教授のコネでそれなりの企業への就職が内定し、 そして今は、とある合コンでヤサ男に「酔った?風に当たりにいこうか?」と誘われ、抜け出し、 蒸し暑い夏の夜の公園を男と女でふらふらと歩いていた。 公園には二人の他には

生贄

「やんっ!はんっ!?」 あられもない声が響いた。 「あっあっあっ!ああっ!」 グチュグチュと淫らな水音を立て、 女の穴にたくましい肉棒が叩きつけられるたびに若い彼女は顎を跳ね、汗の雫が飛び散る。 「んっ…んっ…んああぁぁ……。…っと…も…突いてぇっ」 整った眉にあらんばかりのしわを寄せ、悩ましくねだる。 四つん這いになった彼女の、その艶かしい腰つきはとても嫌がっていたとは思えない。

退魔巫女スバル

大半の人間が既に眠りについている時刻。 町のほぼ中心部に位置するとある学園の校庭に2つの影があった。 影の1つは少女のものだ。 年のころはちょうどこの学園に通っているくらいだろう、闇夜に溶けそうな漆黒の長髪が印象的な少女だった。 彼女の服装は白衣に緋袴の巫女装束。 元旦の神社ならともかく、深夜の校庭にはいささかそぐわない格好をしたその少女――朝凪昴は、真剣な表情で闇の向こうを見据えていた
サブコンテンツ