最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

「百合」タグの記事一覧

墜ちた女戦士ユウ

地下特有の重く湿った空気をろうそくの灯りがわずかに闇から隔離する。 そのかすかな光に黒髪を照らされながらダンジョンを行く影があった。 名前はユウ。引き締まった長身に腰まで伸びた髪が特徴的な女性である。 その髪よりもさらに印象的なのが漆黒な瞳で、それは見るもの全てを溶かし込んでしまいそうな程深い輝きをたたえている。そんなどこか浮世ばなれした美しさを誇る外見に似合わず彼女は大陸をまたにかける剣士

フェリア陵辱 その1(虐襲)

「失礼致します」 ノックと共にギランの部屋に1人の老人が入ってくる。 ギランの腹心であり、今やこの国の王となったロイだ。 「準備が出来たか」 ギランは退屈を紛らわすためにロイにある指示を出していた。 「はい。ほれ、早く入ってこんか」 ロイの手には2本の紐が握られていた。 その紐の先は部屋の外に伸びている。 ロイがそれを引くと廊下から短い悲鳴が聞こえ、その後ふらふらとした足取りで2人

触手授業

私は夢で触手になった。 うにょうにょとして触手そのものだった。 自然と楽しくなり、気持ちがのびのびした。 私が私であることはわからなくなっていた。 にわかに目覚めると、なんと私は私だった。 私が夢で触手になったのか、触手が夢で私になったのかはわからない。 ピピピピピ――ガチャン。 私は密かに朝の爽やかな目覚めの最大の妨害者だろうと思う、 目覚し時計にチョップをかます。 「ふぁ

化け狸と少女の尻尾 その2

術の発動に伴って、日和の視界から壁際に立ったクリスの姿が消えていく。 クリスの使う術の1つ、人外の存在に対してほぼ完璧なまでの隠密性を持つ術だ。 欠点は、その状態では移動も攻撃もできないということ。 正に隠れるためだけに特化した術。 実際には視覚情報としては見えてはいてもそれを見えていると認識されないようにしているだけなのだが、 実際にこうして体験してみると自分が人ではなくなってしまった

化け狸と少女の尻尾 その1

周囲を岩壁に包まれた洞窟の中に1人の少女がいた。 どういった原理か岩壁が放つほのかな光に照らされた少女は巫女装束に身を包んでいる。 薄く汗を浮かべ、頬をわずかに上気させながら少女が視線を向ける先には、小柄な少女の倍はあろうかという大狸がいた。 実際の狸というよりは信楽焼きの置物に近いずんぐりとした体型のその化け狸こそが、今回その巫女装束の少女――日和に与えられた任務の標的だった。 人間の言
サブコンテンツ