最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • PCMAX【18禁】

  • ワクワクメール【18禁】

「異種姦」タグの記事一覧

オオミミズ

それは去年の夏、一人の少女が体験した出来事である。 高校生のノリコは、所属する女子陸上部の野外合宿に参加した。 そこでは、恒例のハイキングを行う。 好天に恵まれ、都会育ちの彼女には心地良い風がとても新鮮だった。 登山道の脇に花が咲いていた。 「わあー、きれい!」 何という花だろう?何か、不思議と心が引き寄せられる。 ふらふらと近づき、つい見とれてしまった。 「あっ、いっけなーい

河童

紀子はとある田舎の高校生であった。 来年の大学入試に向けて夏休みも家に篭りきりで 苦手な数学の式を延々と解いていた夏休み。 そんな夏休みの、中でもひときわ暑い晴れた日のことであった。 机に向けていた目をふと上げると遠くに入道雲が見え、 その下には遠く緑に覆われた山々があり、そのふもとには 細いながらも深く、綺麗な水が流れる川がある事を紀子は知っていた。 昔はよく泳ぎに行ったの

防衛失敗(地球防衛軍2)

その画像にはクモの糸に絡みとられ動けない女性隊員が映っていた。 悲鳴は鳴り止まない。 人々は圧倒的な数の巨大な昆虫たちの跳ね飛ばされ、押し潰され、まるでおもちゃのようだった。 目の前に落ちている腕はこのカメラの持ち主のものだろうか。 防衛軍側の敗戦だった。 無数の虫がうごめくその町の片隅のビルの隙間で、彼女の手と足がクモの糸が幾層にも絡みついていた。 まるで磔にされたイエスの様

退魔巫女スバル

大半の人間が既に眠りについている時刻。 町のほぼ中心部に位置するとある学園の校庭に2つの影があった。 影の1つは少女のものだ。 年のころはちょうどこの学園に通っているくらいだろう、闇夜に溶けそうな漆黒の長髪が印象的な少女だった。 彼女の服装は白衣に緋袴の巫女装束。 元旦の神社ならともかく、深夜の校庭にはいささかそぐわない格好をしたその少女――朝凪昴は、真剣な表情で闇の向こうを見据えていた

墜ちた女戦士ユウ

地下特有の重く湿った空気をろうそくの灯りがわずかに闇から隔離する。 そのかすかな光に黒髪を照らされながらダンジョンを行く影があった。 名前はユウ。引き締まった長身に腰まで伸びた髪が特徴的な女性である。 その髪よりもさらに印象的なのが漆黒な瞳で、それは見るもの全てを溶かし込んでしまいそうな程深い輝きをたたえている。そんなどこか浮世ばなれした美しさを誇る外見に似合わず彼女は大陸をまたにかける剣士
サブコンテンツ