最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • PCMAX【18禁】

  • ワクワクメール【18禁】

黄昏れゆく世界

これが、私の最後の日記になるかもしれないので、特に書き記す事にした。誰かがこれを読み、何らかの生きる手がかりとなる事を願って。2005年一月O日。竹原敦子。

「どこも人影は無しか」
見慣れた大通りには、誰もいなかった。ちょっと前まで、この辺りは都心のど真ん中で、絶えず人で賑わっていた場所。それなのに今は誰もいない。いや、消されたのだ。
「車もガソリンも無し。歩くしかないか」
銃の安全装置は外しっ放し。私はなるべく足音を立てずに進む。まだ日は高かったが、安心は出来ない。何故なら、いつどこで『やつら』と遭遇するかも知れないからだ。そう、あの豊かで人が溢れかえっていた
この国を、阿鼻叫喚の地獄絵図に変えてしまった、あいつらと──

 

 

二ヶ月前まで、私はただの銀行員だった。それがある日、
「竹原君、ちょっと」
という上司の声で、日常が一変してしまう。
「なんでしょう」
受付で愛想良く業務をこなしていた私は、この日も早く仕事が終わる事ばかり考えていた。だから、正直、上司から声をかけられた時は陰鬱な気持ちになった。残業でも申しつけられたら、たまったものではない、なんて思っていると──
「防犯用のシャッターを閉めるんだ・・・は・・やく・・」
そう言って、上司は倒れて絶命した。その背中を見ると、何か肉食獣にでも食いつかれたような跡があった。

「キャーッ!誰か!」
と、私が叫ぶ間も無く、フロアにいたお客さんが悲鳴を上げる。見れば、保険の相談に来ていたおじいさんが、犬と人の中間といった風貌の化け物に、頭から食われていた。それを見た女性客が、叫んだのだ。
「いけない!」
私は、さっき上司が言い残した通り、非常用の防犯シャッターのボタンを押した。いや、上司の遺言というよりは、次に自分へ迫るであろう危険を察知して、反応的に押したといった方が正しい。化け物は、おじいさんをバリバリと食った後、私の方を見たからだ。シャッターは瞬時にカウンターとフロアを遮り、行内を二分した。すると──

「た、助けて!開けて!」
シャッターの向こうで、若い女性の声が聞こえてきた。多分、さっきキャッシュコーナーにいた母子連れのお客さんだろう。必死の呼びかけで、シャッターに縋りついている様子が窺える。しかし、ここを開ける勇気を、私は持っていなかった。
「お願い!子供がいるの!ああ!」
ガチャガチャと、椅子や机が引っ繰り返るような音がした後、彼女の声は遠くなった。何となくだが、人が引きずられていくような音が聞こえる。
私は身震いした。

「な、なんなの、これは!いったい、どういうことなの?」
「テレビだ。テレビをつけてみろ」
難を逃れたのは、私を含めて五人の行員だけ。全員が色を失っている。
当然だろう。上司とお客さんが一瞬にして、犬のような人のような化け物に食われてしまったのだから。

「それよりも警察に!」
私は携帯電話を取り、警察へ通報した。いくつか呼び出し音を聞いた後、電話は繋がったのだが──
「ぜ、絶対屋外には出ないように!非常事態です。我々も今、本部へ応援を要請している所です。ちくしょう、なんなんだあの化け物!」
とだけ言われ、電話は切れてしまった。この後はもう、二度と通話が出来なくなる。

「テレビを見ろ!テレビ東京だけがアニメを放送しているが、後は全部緊急特別番組だ!」
同僚の声に、私はさすがテレ東!と思ったが、それはさておき今の状況を把握しなければならない。生き残った行員みんなで、テレビにかじりつくと──
『視聴者の皆さんに・・・冷静な行動が求められます。今、日本は・・・
いや、世界は人類滅亡の危機を迎えております』
カツラの噂が絶えない司会者が、悲壮な表情で同じことを繰り返していた。

『今、巷で起こっている事は、哺乳類ならびに鳥類や両生類に至るまでの、急激な変態です。原因は分かりません。ある学者は、地球環境の変化に応じ、淘汰が始まったと発表しています。しかし、本当の所は何も分かっていません・・・各個の生物が生き残りを計り、DNAを食い争う・・・というのが、とりあえずもっともらしい説ですが、分析にはどれだけ時間がかかるのか・・・』
うなだれる司会者の生え際がずれた。しかし、この場にいる誰も、笑おうとはしなかった。

「どうしよう・・・」
私は同僚たちに問い掛ける。しかし、誰も一言も発しなかった。そうしているうちに、ある同僚が、
「家族が心配だ」
そう言って、裏口の方へと駆けて行った。その向こうには、行員用の駐車場がある。
「お、俺も連れてってくれ」
「私も!」
同僚全員を見送ってから、自分はどうしようかと考えあぐねた。状況がはっきりしない今、ここを動くのは得策ではない気がする。

(屋上から、街を見てみよう。それからここを逃げても、遅くはない)
上司の死を間近で見た私は、あの化け物が一筋縄ではいかないやつだと確信していた。それだけに、迂闊な行動は出来ない。テレビは生物同士のDNAの喰らい合いだと言っていた。そうなると、化け物も一匹や二匹の話では済まなくなる。
「はあ、はあ・・・ああッ!」
息を切らし、屋上まで一気に駆け上がった私の目に映った街。それは、戦争映画でも見るような、悲惨な光景だった。
「ひどい・・・」
街のあちこちから、火の手が上がっている。そして、街往く人々は例外なく、化け物の手にかかっていた。

「うわあーッ!助けて!誰か!」
道端で、サラリーマン風の青年が下半身をなめくじのような化け物に食われていた。その脇では、さっき行内にいた若い母親の姿もある。
彼女は、さっき見た犬の化け物に犯されていた。

「なんてこと・・・あのお客さんが」
彼女は物も言えないようだった。ただ、身の丈が三メートルもあるような犬の容貌を持つ、かつて人だったであろう化け物に、されるがままだ。腰まであるスカートをまくられて、無理やりパンティを毟られたらしく、臀部の辺りに引っ掻かれたような傷がある。そのすぐ下、女性のもっとも恥ずかしい部分には、血走った生の男肉が突き刺さっていた。

「わ・・・私も逃げなきゃ・・・あんな風に・・」
血の引く思いを振り切り、私は屋上から逃げて、駐車場の方に向かう。
あそこには、営業車が何台もある。車で逃げれば、化け物だって襲って来る事はないだろうと、その時は思っていた。しかし──
「助けてくれーッ!」
「何やってんだ、お前!ちゃんと運転しろ!」
「やだーッ!」
キキーッと、タイヤが軋む音が銀行の前で鳴った後、聞き覚えのある声が耳に届く。あれは、先ほど逃げていった同僚たちの叫び声!私は中二階の窓から、慌てて外を見る。

「うわあーッ・・・」
家族の身を案じ外へ打って出た同僚たちが、飛行機のような巨大なカラスに捕食されていた。その隣では、私が仕事を教えてやった、可愛い後輩の受付嬢が、無数の犬もどきに襲われている。
「やめて!放して!」
知性を失った犬もどきのオスたちが、私と同じ制服を来た後輩を犯そうとしていた。哀れにも彼女の衣服は簡単に引きちぎられ、あっという間に下半身を晒す羽目となる。

「アーッ・・・」
後輩のその声を、私は背中で聞いた。私は窓から背を向け、逃げていた。
襲われる後輩を慮る気持ちはあったが、なにより恐怖が先立ってしまったのだ。次は私──そればかり考えている。

「助けて!誰か助けてよう!」
半狂乱になりながら、私はあてもなく駆け出した。上司が食われてからこれまでの僅かな間に、あまりにも多くの恐怖を感じすぎたせいだろう。頭がパニックとなり、思考能力が欠落していた。そして──
「ズズ・・・」
と、人語とは程遠い唸り声を、私は銀行の裏口まで来た時に聞いた。あの、半人半犬のような化け物たちに、この身が囲まれていたのである。
気が付くと夜中だった。私は両足を広げ、犬もどきたちに犯されていた。
「・・・」
恐怖で私は声も出なかった。いつ、食われるか気が気ではない。自分を犯している相手は人ではない。かつては人だったかもしれないが、今は人肉を喰らう化け物なのだ。犬もどきたちは良く見ると容貌が様々で、愛嬌のある顔をした者もいれば、悪人面の者もいる。どうやら人間だった時の姿態が反映されるようで、体躯にも差があった。
「ズズ・・・」
犬もどきがまた一匹、私の中で果てた。もう、私の膣内は濁った精液でドロドロとなっている。薄闇の中で目を凝らすと、化け物どもは二十匹近くいた。その全員に私は犯される運命にあるようだ。

「つッ・・・アソコがひりひりする・・・」
輪姦は夜を徹して行われたが、私は食われなかった。犬もどきの気配が消えた時、辺りは明るくなっていた。何とか、朝日は拝めそうだと思い、這うようにして歩き始める。
「街はどうなったのかな・・・」
陰部から精液を垂れ流しにしながら、私は日の光に誘われ銀行の外へ出た。危険だという認識は無く、もう、どうにでもなれという気持ちになっている。犯され抜かれて、気持ちがまいってもいた。するとどうだろう──

「誰も・・・いない?」
なんと一夜にして、街は廃墟と化していた。道端で人を喰らっていた
犬もどきも、巨大なカラスもいない。ただ、閑散とした街があるだけだ。
「そんなバカな・・・」
消えたのは化け物だけではない。食われる側の人間も、誰一人見当たらないのだ。辛らつだが、屍のひとつくらいは、そこいらにあっても不思議ではないのに、その片鱗すら見つからない。
「ここで・・・あのお客さんが・・・」
私は、昨日若い母親が犯されていた場所へと足を運んだ。確かに、そこには引きちぎられた衣服が散乱し、あれが夢では無い事を知る。
だが、彼女がここにいた痕跡が、まるで無いのはおかしい。

「逃げる事が出来たのかしら?それとも・・・」
食われたのかもしれない──そう考え、私は身を竦める。そして、急激に生きている実感を取り戻し、気を奮わせて街を探索する事にした。

「おなかが空いたな」
とりあえずコンビニに行き、店内を覗いた。ここも見るからに混乱した後が窺えたが、食品などはほぼ無傷のまま置いてある。店員はいなかったので、勝手にそれらを拝借した。次いで、警察署に向かう。

「静かね・・・」
銀行から歩いて五分のところに、警察署はある。ここまでの行程で、出会った人間は皆無だった。もちろん、化け物もいない。
「誰かいますか?」
警察署の入り口は、バリケードを築いた名残があった。しかし、これも化け物に壊されたのか、四方に霧散している。それと、戦いを試みた勇気ある警察官が撃ったであろう弾痕も、あちこちにあった。ここでは、かなり激しい迎撃戦が行われたらしい。彼らが流した血のりが壁に描かれている。

「誰もいない・・・」
やっぱりというべきか、署内も無人であった。私は犬もどきに汚された股間をシャワー室で洗い、警察官の制服を拝借する。ついでに、金庫をこじ開けて拳銃と実弾を持てるだけ頂いた。
「撃った事なんかないけど、あれば心強いわ」
銃というのは小さい割に、ずいぶん重いものだとこの時初めて知る。
出来れば一生知りたくもなかったが、こうなってはどうしようもない。
もう、犬もどきに犯されるなんて事はごめんだった。これがあれば、あいつらを追い払うぐらいは出来るかもしれない。

装備を整え、もう一度街へ戻ろうか──そう思い、踵を返した時だった。
「誰だ!」
廊下の向こうから、若い男がこちらへ叫んだ。人間だ!
「あなた、生きているのね」
生存者がいる。私はこみ上げてきた嬉し涙を拭いながら、彼へと近づこうとする。しかし──
「俺に近寄るな」
男は顔を隠すようにして、言った。良く見ると、その顔は犬もどきのそれに近く、変態の途中という感じだった。だが、精神は人間のものに間違いない。発した言葉に、理性が見られるからだ。男は私の顔を見ると、驚き混じりでこう呟いた。

「あんた、無傷でよくここまで・・・」
「あんまり無傷でもないんだけどね」
実際、犯された股間に鈍い痛みがあった。犬もどきに夜を徹して犯されたからだ。しかし、今は人語が懐かしくて仕方が無い。まだ、最後に人と会話をしてから一日と空いてはいないのに、懐かしさで体が震える。
「俺はもう駄目だよ。あんた、どこかへ逃げてくれ」
「逃げるって・・・どこへ?」
「さあ・・・ここじゃないどこかへ」
男はそれだけ言うと、廊下へうずくまった。精神的な疲労と肉体的な変化で、気力が尽きかけているようだった。

「俺は田端っていうんだ。ここで警察官をやっていたんだが」
コンビニから失敬してきたジュースを差し出し、私は男から事情を聞き始める。喉が潤うと、男は案外饒舌になった。

「最初の110番通報があってすぐに、街中がおかしくなった。今しがたまで普通に歩いてた人間が、訳のわからない化け物になっちまうんだ。それも、僅かな時間で」
「そうなの・・・」
田端は諦めたような目をしている。それが、私に不安を募らせる。

「テレビはもう映らなくなってるが、特番で学者がなにやら言ってたぜ。宇宙から降り注ぐなんとか線が、生物の中に隠れていたDNAを活性化させ、地球上の生物を進化させるんだって。男が真っ先に化け物になったのは、女と違って化粧をしないからだそうだ。化粧品には紫外線を拒むやつがあるだろ?
それと、建物の中にいた連中も、難を逃れた。なんとか線は、瞬間的にしか降らなかったそうで・・・後は、あんたも見ただろう?生物同士の共食いさ。いや、進化らしいがな。DNAを貪り食うために」

田端の説明が、正しいかどうかは分からない。しかし、今はこの言葉に耳を傾けたい。彼とて、人でいられる時間は、もう限られていそうだから。
「私は・・・あの化け物どもが、女性を・・・その・・・犯すのを・・見たわ」
さすがに自分が犯されたとは言い難かった。だから、こんな言い回しをする。
「化け物も・・・ただ、食うだけじゃ駄目って事は本能で分かってるみたいだ。だから、女を犯し、子孫を残そうとするんだ。化け物になった男どもは競うようにして、女に襲い掛かっていたよ」
思い出したくもない悪夢が脳裏に甦っているのだろう、田端はうなだれてしまった。そして、手を震わせながら、私の方を見て、
「すまないが、あんたに頼みがある」
「なに?」
「あんたを抱きたくてたまらないんだ。どうしても、その気持ちが押さえられない」
肩をいからせ、泣きそうな表情で呟いた。

「・・・いいわよ。ここでするの?」
「すまない」
股間は昨夜の荒淫でまだ疼いていたが、田端の望みを私は果たしてやりたくなった。彼にはもう、人間らしさが奪われつつあるのだ。その願いを無碍には断れない。
「それともうひとつ頼みがある」
「なに?」
私は廊下に這いつくばり、下半身だけ丸裸にした。そして、田端はお尻に手をついた後、
「・・・これが終わったら、俺を殺してくれ」
「・・・分かったわ」
だいぶん犬化したペニスを、私の中へ捻じ込んだ。

「ああッ!」
血走った犬のペニスを見た事がある。全体がぬめって、おぞましい形だった。あれが、私の中へ入っている。そう思うと、絶望的な気持ちになった。しかし、それの持ち主はまだ、人間だ。そう思う事にして、私は腰を使った。
「ああ・・・いい気持ちだ」
「そ、そう?ありがとう」
ズンズンと子宮にまで届くような、長大なペニスだった。昨夜から、私はこれをどれだけ胎内へ招いたのだろう。あまり考えたくないが、つい思ってしまう。
「あんたの名前を聞いてなかった・・ああ、いきそうだ」
「竹原敦子よ。忘れないでね」
「ああ、忘れるもんか・・・うッ!」
膣内で田端の子種が放たれるその瞬間、私は弾を込めた銃の引き金を絞る。狙いは、彼の頭だった。

あれから二ヶ月。私はなんとか生きている。あの後からは、人間らしき生き物は見ていない。変わりにといっては何だが、人まがいの犬──のような生物には、幾度も遭遇した。ほら、そう言ってる間にお出ましよ。
見るからにおぞましい、あいつらが。見てくれはすでに人の名残が失せ、ただの大きな犬畜生。それも、股間をいつも大きくした、女に飢えた獣・・・
「ズズ・・・」
「出たわね、性懲りもなく」
その人まがいの犬は、やはり女の体を狙っていた。母体を使い、強い種を残す。生物が取る、当たり前の行動だ。しかし、私はそのさだめに抗う。

「さあ、おいで」
もう、この近辺では人の女を見る事はない。犯された女は大概気がふれて狂い死にしてしまう。だから、化け物たちも必死だ。やつら自身も数が大分減ってきている。淘汰される側にあるのだ。おそらく今後は、あの日に見た大きなカラスや、その他の生物が地上を支配するのだろう。そして、その時はそれほど遠い未来ではない。

拳銃の弾丸も残り僅か。私はいつまでさだめに抗えるのかは分からない。
ただ望むべくは、知性のある生き物がこの日記を見て、何かを感じてくれれば・・・と思うだけ。
それでは。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ