出会い系エッチな体験談

蛸三郎

「われおもう、ゆえにわれあり」
今、ある原子力発電所の排水パイプの下に住む一匹のタコが、自我を得た。名は、仮に蛸三郎とでも名づけておこう。

「俺はどこから生まれ、どこに行くのか」
蛸三郎は、二メートル近い巨躯をのっそりと揺らしながら、歩み出す。原発の排水は、海へ多大な栄養素を垂れ流しているらしく、蛸三郎は十六本の触手を有していた。それらを使い、海から浜辺へと上がり、内地に向かう。
「答えはきっと・・・あそこにある・・・ような気がする」
蛸三郎の視線の先には、くるぶし寿司と書かれた看板を掲げた店舗がある。
そこは、この近辺では有名な寿司屋であった。

「へい、らっしゃい!」
くるぶし寿司の板前を務める吾川里美(あがわ・さとみ)は、店の自動ドアが開いた瞬間、条件反射で叫ぶ。彼女は、このくるぶし寿司に来て早や三年、今年、二十三歳になった女寿司職人で、生来のきっぷのよさと、持ち前の美貌を売りに、この若さで当店の花板を気取っていた。もちろん、自我を得たばかりの蛸三郎は、そんなことを知る由もない。

「こんにちは」
「毎度。お一人様ですか?」
「はい」
「なにから握りましょう」
「とりあえず、ビール」
蛸三郎と里美は、カウンターを挟んでそんな遣り取りをする。その様子は、ただのお客と店主という感じであった。

「お注ぎします」
「これは恐縮。美人花板の手酌とは」
里美は良く冷えたグラスに、ビールをついだ。蛸三郎は触手で、それを受け止めた後、一気にグラスを干す。
「うまい」
「ふふふ。いい飲みっぷりですね」
「やあ、板さん。ご返杯」
「お流れ、ちょうだいします」
今度は蛸三郎がグラスにビールを注ぐ。里美はその時、ちょっとだけ頬を染めて、丁寧に返杯を頂いた。

「もういっぱい、いかがかな?」
「いえ、もう結構です。これ以上よばれたら、包丁捌きが怪しくなっちまう」
「そう。職人肌だね、板さん。じゃあ、なにかお造りを頼めるかな?お任せで」
「承知しました。ヒラメのいいところが入ってます」
店内は、里美と蛸三郎だけだった。他に客は無く、里美が包丁を捌く音だけが響く。

「お客さん、どちらから?」
里美が聞く。別段、蛸三郎の身分を怪しんでる訳ではない。ただ、客あしらいの手がかりとして尋ねたのだ。
「地元だよ。すぐそこに住んでる」
ぬめぬめと淫靡な輝きを放つ触手を、原発がある方へ指し、蛸三郎は答える。
彼もまた、気取りも無く呟いた。

「お造り、上がり」
「ほう、これは豪奢だ」
里美が、船盛りにした海鮮の良い所を差し出すと、蛸三郎はううむと唸った。
さすがにこの若さで花板を務めるだけあって、お造りは素晴らしい出来栄えである。そして、蛸三郎は触手を上手に使い割り箸を取ると、さっそくその美味に舌鼓を打ったのであった。

夜──。くるぶし寿司の看板から明かりが落とされ、浜辺を漆黒の闇が包んでいた。その闇に溶けるように、里美と蛸三郎は絡み合っている。
「あっ・・・いや・・・」
半裸姿の里美は、敷布団の上で肢体をくねくねと泳がせ、遣る瀬が無い様子だった。熟れ盛りの女体が、蛸三郎の十六本の触手に、余すところなく犯されている。

「おもわぬ女体盛りを頂くことになったが」
「ああ・・・そ、その言い方・・・いやらしくて、いい」
「遠慮はしない。腹いっぱいご馳走になるぜ、板さん」
「里美って・・・呼んで・・・」
真っ白な柔肌に、二メートル近い巨躯の海洋生物が絡みつく。蛸三郎はゆっくりとしなやかに、それでいて焦らすような動きで、女の全身を愛撫する。里美の体には、吸盤でいなされたような跡が無数にあり、蛸三郎の激しい求愛をまざまざと示していた。

「いや・・・だ・・あ・・こッ・・・こんなの・・初めて」
ぬめる触手に全身をねぶられ、並大抵の男との性交では得られない快楽に、めまいを覚える里美。今まで生きていて、これほど情熱的な愛撫はあっただろうか──熟れた女の体が、喜びを求めて疼く。
「まだ、序の口だぜ」
蛸三郎がずずっと体を里美に重ねていった。触手の幾本かが、盛り上がった乳房の輪郭をなぞるように、巻きついている。そして、やんわりと、しかし、力強く母性の象徴を締め上げた。

「アッ!ヒイーッ・・・」
仰け反り、つま先をぴいんと伸ばす里美。彼女自身、これほど淫靡で激しい愛撫を、受けた事などなかった。両の乳房を触手で巻き上げられ、ぎゅうと搾られる愉悦──そんなものが、この世にあるとは夢にも思っていなかったのだ。

闇は雨を呼び、浜辺を煙らせていた。里美と蛸三郎はその雨音を耳にしながら、ほの暗い部屋で抱きしめ合う──
「ンッ・・・ンンッ・・」
里美は触手の一本をほお張り、男性のシンボルへ奉仕する行為──
すなわち、フェラチオの妙に浸っている。人間の男と違い、蛸三郎の触手は塩味が効いて、はっきりいって美味なのである。

「お・・おいしいわ・・・蛸三郎さんの・・・コレ」
「気に入ってくれてうれしいよ、里美」
十六本の触手は、咲き誇る花のように放射状に開かれ、里美の体を包んでいた。それぞれが役割を分担し、ある触手は四枚の女唇を掻き広げ、またある触手は割れ目の頂点に輝く、肉の真珠を吸盤でいたぶっている。

「し・・・信じてね、蛸三郎さん・・・あたし、お客さんと・・・誰とでも、こうなるって訳じゃないのよ」
「信じるさ、里美」
数刻前、すっかりと意気投合した二人は、互いを求めるモーションを送り合った。その結果が、今の状況である。寿司職人として気張る里美の心の中に吹いた一閃のきらめき──蛸三郎はまさに、そんな存在だったのかも知れない。

「ああ・・・イク」
里美の膣内には、触手の先細った部分が五本ほどねじ込まれていた。
さらに都合のいいことに、吸盤からは媚薬効果のある粘液が搾り出されており、熟れ盛りの女体には、いいことづくめ。
「俺もイカせてもらおうか。里美、尻の穴を緩めるんだ」
蛸三郎は、とろとろに蕩けた女穴のすぐ下にある、微妙に色づいたすぼまりに狙いをつけた。タコの生殖は、肛門で行われる。オスのタコが精管のある触手を、メスのタコの肛門に差し込み、受精する。だから、タコの学校では、七年殺し(指カンチョウ)が禁止されているのだ。と、ある漁師から又聞きした。

「うう・・・こんなこと・・・初めてよ」
「力を抜くんだ、里美。結構、出るぞ。俺の子種」
蛸三郎は里美を四つんばいにさせると、精管を持つ触手を桃尻の割れ目へといざなった。そして、先端の細い部分から徐々に、熟れた女のもっとも恥ずかしい部分を犯していく。

「あうう・・・アッ!アッ!」
すぼまりがどんどん広がる感覚が、恥ずかしくて仕方がない──里美は、屈辱と快楽が入り混じったようなせつなさに、身を震わせる。肛姦など初めての経験で、尻穴をすぼめていいのか、ゆるめればいいのかの加減が分からない。しかも、男はそこで果てたいと言う。
「いやあ・・・恥ずかしくて、死にそう!」
触手の太い部分が、肛門をぐいと掻き広げた。里美はそれを悟ると、身を焦がすような羞恥で、ついには顔から全身まで真っ赤に染め、布団へ突っ伏した。私は、自分勝手に身悶えているから、後はあなたのお好きにどうぞ──
ぬめる触手を根元まで、尻穴で飲み込んだ淑女は、いやいやと尻を振ってそう囁いている。

「出るぜ」
蛸三郎が愉悦の表情を見せた。とはいってもタコなので、感情が見てとり難い。ただ、里美の肛内へねじ込んだ触手が、力こぶを作り始めたことが、気になった。と、その時である──
「アアア─────ッ!」
悲鳴とともに、がくんと里美の体が跳ね上がった。見れば、尻穴を穿つ触手がぷっくりと膨らんでいるではないか!どうやらこの触手は、子種を大量に送り込んでいるらしく、どくんどくんと脈打つような動きを見せている。

「やだあッ!すっごく入ってくるゥ・・・お浣腸されてるみたいィィ・・・ああ、蛸三郎さんの子種、最高ッ!里美、またイッちゃうッ!」
目を見開き、痴呆のごとき表情見せる里美。人としての威厳は失せ、尻穴に子種を注がれる己を蔑むように、彼女はただ、叫び続けるのであった・・・・・
「帰るの?」
「ああ」
「また、来るんでしょう?」
「分からない」
朝日がくるぶし寿司を包み始めた頃、蛸三郎は部屋の敷居をまたごうとしていた。その背に、里美がすがるような視線を向ける。

「見送らないからね」
「未練になるから、いらない」
「バカ・・・」
ずずずと触手を使い、蛸三郎は部屋を出た。その身にすがる女の気持ちを、ことさら無視するように。
(俺は、どこから生まれ、どこへいくのだろう)
まばゆい暁の陽を見て、蛸三郎は思う。しかし、今のところ答えは見つからない。そして、己へ言い聞かせるように呟くのだ。

「旅にでも出るか」
蛸三郎は何も持っていない。あるのはただ、自己への探求。自分が何者であるのか。何をすべき者なのか。それだけである。だが、男が旅に出る理由として、これ以上の物が果たしてあるだろうか──
「蛸三郎さん」
表へ出た蛸三郎に、里美も続いた。まだ彼女は荒淫の余韻を残し、肌を上気させている。そして、こう呟いた。
「浮気したら、酢で〆ちゃうから」
慌てて出てきたので、里美はパンティ一枚しか身に着けていない。しかし、それ自体はこれより旅路につく蛸三郎への、名残を匂わせるものだった。私の肌を忘れないで──そう願っているように見える。だが、蛸三郎は、
「ふっ・・・」
と笑って、十六本の触手を使い、歩み始めたのであった。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ