最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • PCMAX【18禁】

  • ワクワクメール【18禁】

素手ゴロ天使、ドツクちゃん

今夏、巷を賑わせているある少女の事を、諸兄はご存知であろうか。

『素手ゴロ天使、ドツクちゃん』

そう名づけられた少女──仮にそのまま、ドツクちゃんと呼ぶとして、世間(主にアキバ)は今、彼女の噂で萌え上がっていた。

公式資料によると、身長百二十センチ、体重はナイショ。バスト、ウエスト、ヒップはトップシークレットという、何だかアニメのヒロイン然としたドツクちゃん。見た目は小学校高学年くらいで、まことに愛らしい容貌をしているとの事。
衣装に目を向ければ、スーパーの安売りワゴンに残っていたような青いワンピースに、細い足を包む白いハイソックス(ソックタッチ使用)が非常にいけていると、アキバに漂うダメ萌え人間たちのハートを、完全に射抜いていた。

さて、問題は何故、素手ゴロ天使とやらが現れたかという事。実は今、公にこそされてはいないが、日本国内は珍獣による騒動で、困窮している。果たして、珍獣とは──

お暇であれば、お手元の辞典などを引いてもらいたい。おそらく、珍しい生き物と書かれていると思われるが、全くもってその通り。今や日本は稀に見る珍獣王国と化しているのである。
これは別段、某ムツOロウ先生が関わっている訳ではないので、悪しからず。それでは、珍獣の生態を観察がてら、お話を進めさせて頂く。

「珍獣だあ!逃げろッ!」
某月某日、澱んだ秋葉原の空気を、逃げ惑う人々の悲鳴が切り裂いた。
「シャアアアアアアアアアアアアッ」
珍獣──そう名づけられた異形の化け物が、けたたましい叫びを上げながら、アキバに巣食うダメ萌え人間どもを襲っている。かの異形は、アリジゴクのような姿かたちをしており、三メートルを越える巨躯の持ち主。その上、動きも俊敏であったがため、日ごろから運動不足を認めるアキバ住人たちを、いともたやすく捕獲していた。

「うわあーッ!助けて、さくらーッ・・・」
「おんぷたん、ヘルプ!」
「プリキュアは来ないのか?うわーッ・・・」
とりあえず、三人ほどが珍獣の餌食となった。先ほど捕獲と記したが、ちょっと訂正。厳密に言うと、捕食が正しい。どうやら珍獣は、見るからに不味そうなダメ萌え人間どもを喰らい、己の糧としているようだ。その凄惨極まる光景を見るや、クモの子を散らしたように逃げるアキバ住人たち。
だが、その中でただ一人、恐怖に身を竦める事も無く、ぎらりと珍獣を睨みつける者が──

「ああ・・・ひどい!」
逃げ惑うアキバの魑魅魍魎どもの流れに逆らい、珍獣に捕食されたダメ萌え人間を悲しそうに見る、一人の少女がいた。背には赤いランドセル。胸には、『五年三組 山田 かでん』という名札をつけて。

「珍獣め、許さないわ!へーん・・・しん!」
少女が腰に手を当て、銭湯で牛乳を飲むおっさんのようなポーズを取った。
すると、アニメ的に言うところの透過光やらエフェクトの類が、少女の全身を包む──

「着床!かーい・・・にん!」
と、チビッ子にあるまじきお言葉を発しながら、変身する少女。場面はスローモーになり、着ているものは全て吹っ飛んでいる。
「す・で・ゴ・ロ・・・パワーッ!」
乳首と大事な所は光で隠されているが、変身中の少女は何故か全裸。
ここいらへんが、何だかアニメ的である。そしてついに──

「うふん♪素手ゴロ天使、ドツクちゃん参上よ♪」

ここまできたら、解説は無用であろう。そう、彼女こそが今夏、日本中の噂となっている、素手ゴロ天使ドツクちゃんこと、山田かでん、その人であった。ちなみに、上記の台詞を発した時、片足を軽く曲げたプリティポーズと、お愛想混じりのウインクで、アキバ住人たちの目を釘付けにした事を追記しておく。そして、無用とは言いながら、長々と解説した事をお詫びしておきます。

「珍獣め、海王星に代わって、撲殺よ!」
どこかで聞いたような台詞を放ちつつ、腰を低く落とすドツクちゃん。素手ゴロ天使を自称しているので、戦法は肉弾戦を用いるようだ。
「シャアアアア・・・」
ドツクちゃんを敵と認めたのか、珍獣は道を這うように移動した。アリジゴクを模したような造形だが、足元には無数の触手を有しており、それが異様な輝きを放っている。

「いくよ!」
ドツクちゃんが地を滑った。その姿はまるで、疾風の如し──

「クレイジーダOヤモンド、ド・ラ・ラ・ラ・ラ!」
珍獣に接近したドツクちゃんは、版権くそくらえ!という感じで叫びつつ、拳を敵に叩き込んだ。常人の目では追う事が出来ないが、正拳突きが百発ほど珍獣の脳天を捕らえている。

「キシャアアアアアアッ!」
眉間を割られそうな攻撃を喰らった珍獣が、身を仰け反らせて吼えた。
そして次の瞬間、異形は猛烈な反撃に出る。

「きゃあッ!」
バシンという触手が肉を打つ音──が、ドツクちゃんの肢体から鳴った。
その直後、素手ゴロ天使は悲鳴を上げながら、某同人ショップの店先にある、ガシャポンコーナーまで吹っ飛んでいき、その周辺を砂煙が覆う。

「うう・・・」
ガラガラとカプセル玉が転がる中に、ドツクちゃんは居た。どうやら珍獣の触手攻撃で、意識を失いかけているらしい。
「シャアアア・・・」
のっそりとドツクちゃんに詰め寄る珍獣。かの者は勝利を確信したのか、不適な笑いを浮かべているように見える。

「く・・くそッ・・体に力が・・・入ら・・・ない・・でも・・負けない!」
破壊されたガシャポン機に身を預けつつ、戦意を振り絞るドツクちゃん。
しかし、その思いとは裏腹に、肉体が受けたダメージはかなり大きく、立つ事だってままならない状態となっていた。このままでは、その身が危ない。

「シャ・・・ア・・ア」
珍獣は更に間合いを詰め、手負いとなった素手ゴロ天使に迫る。口元からは唾液のような汁を垂らし、その思いが捕食へと向かっているのは明らかだった。

「ああ・・・た、食べられちゃう・・」
珍獣に顔を突きつけられ、身を捩るドツクちゃん。腰が抜けているらしく、だらしなく開かれた両足の奥には、淡いピンクのパンティがチラリ。青いコスチュームとあいまって、何ともいい風情である。

「グルル・・・アーン・・」
「あッ・・・何を・・」
ドツクちゃんに抗う力が無い事を知ると、珍獣は糸引く口を大きく開け、少女を足元からぱくり──と頬張った。その瞬間、目元が緩み、何だか食いしん坊バンザイ!とでも言いたそうであった事を追記しておく。

「いやあ───ッ・・・」
悲しい少女の叫びが、秋葉原の中を劈いた。哀れ、ドツクちゃんは下半身をすっぽりと食われ、立ち上がった珍獣の口中で囚われ人となる。イメージ的には、下半身太りの人魚っぽいかな、と。
「うう・・・は、放せえッ・・・」
生温かい珍獣の口中のおぞましさに怯えるドツクちゃん。しかし、太もものあたりに鋭い歯がちくりときているので、暴れる事はかなわない。もはや、素手ゴロ天使は、絶体絶命の危機にあった。

「ああ、ドツクちゃんが珍獣に食われた!何か、いやらしい!」
「触手、萌え!」
ドツクちゃんの窮状を見たアキバ住人どもが、愚かにも色めきたった。
言うまでも無く、きゃつらはチビッ子萌えと、触手萌えの愚者たち。

「いや・・あ・・・」
下半身をぬるりとした珍獣の舌が這いずり回っている──それを悟った時、ドツクちゃんは恐れおののいた。すでにこの身は囚われ、反撃の術は無い。その上、逃げる余力さえも残っていないのだ。そう考えれば、大の大人だって絶望的な気持ちとなるであろう。だが、物語の趣向はここからあさっての方向へ進む。

「きゃあーッ!パ、パンツが脱がされてるッ!」
「グフフ・・・(意訳・やっぱ、チビッ子の太ももはいいなあ)」
「やだ!やめて!」
「グヘへ・・・(意訳・やめるわけないでしょ)」
ここからは、珍獣の心境も加わる事にご理解を賜りたい。実はこの異形、『人間のチビッ子萌え』という性癖を持っていた。人間社会であれば、許されざる萌え区分にあっても、かの者は珍獣ゆえ、セーフ。前置きが長くなったが、上記のやりとりから察していただける通り、ドツクちゃんのパンティは、珍獣の舌さばきによって、いとも容易く剥かれてしまった。要するに、ここからが本番である。

「ああ!舌が!」
「グフ♪(美味い!チビッ子の・・・大事な所!)
ぴたりと閉じたドツクちゃんの女陰を、舌でこじ開けるように責める珍獣。
しかも、おしっこ臭い恥ずかしい汚れを、テイスティに味わっている。

「グヘ♪(意訳・ちこう寄れ、恥垢。なんちゃって)」
意外と思われるかもしれないが、珍獣界にも意思の疎通を行う言語が存在し、また、駄洒落も存在する。上記の意訳は、それを克明に記した稀有な状況といって良い。まったく、いい加減にしてくだじゃれい・・・

「きゃあああああ───ッ・・・」
目を見開いて叫ぶドツクちゃん。解説すると、彼女の女陰は無残にも、珍獣の舌の侵入を許していたのである。それも割れ目を伝って、まだ未発達な女唇を掻き分けるように──
「グフフ!(美味い!もう一杯!)」
まだ青い少女の恥汁──略して青汁を味わいながら、珍獣はのたまう。
その姿は、チビッ子萌えの同人青年が、エロゲーをやっているかの如し。

「あッ!あッ!は、入ってくるゥ・・・」
今度は目を閉じて、胎内で起こっている異変を感じるドツクちゃん。珍獣の舌は給食で配膳される、先割れスプーンのように分かれ、無理やりこじ開けられた恥肉の襞(ひだ)を、這うように遡ってくる──少女に理解出来たのは、そこまでだった。

「アーッ・・・」
「グヘへへへ!(意訳・イキ汁、ゲットだぜ!)」
うわあッと、身を大きく仰け反らせたドツクちゃんの女芯から、恥液が放出された途端、珍獣は触手を束ね、ガッツポーズを取る。その様を見ていたアキバ住人も、つられて思わず同じポーズを取った。が、まことに愚かと言わざるを得なかった・・・・・理由は言わずもがな・・・・・

いつしか珍獣の周りを、幾重もの人の輪が連なっていた。無論、これはダメ萌えの人々の輪で、その中心には、無数の触手に体を絡め取られたドツクちゃんと、そこへ覆い被さる様な格好の珍獣がいる。

「た・・・助けて」
「グフフ・・・(意訳・可愛そうだが、誰もお前を助けようなんて、酔狂な考えを持つ奴はいないようだぜ。なにせ、ここはアキバだからな)」
ドツクちゃんは着崩したワンピースを、胸の辺りまでたくし上げられていた。そして、細い触手がちんまりとした少女の純情を侵している。

「やだあ・・・見てないで、誰か・・・助けてよう・・・」
哀れにもドツクちゃんは衆人環視の中で、麗しい肢体を嬲られながら、救いを求めて手を差し伸べていた。しかし──
「すげえ・・・触手って、すげえな」
「ああ、俺も触手欲しいぜ」
と、アキバの魑魅魍魎たちは、愛らしい少女の全身に絡みつく触手に萌えを感じ、ただ見ているだけ。もう、何と言っていいのか分からないが、とりあえず逝って良しとでも毒づいておく。

「アーンッ・・・」
触手のいくつかが、ドツクちゃんの胸元へ伸びていた。それも、まだ乳房が膨らみを持たない事に乗じて、可憐な苺の如き蕾ばかりを責めている。
「イヤッ・・・転がさないでぇ・・・」
触手がドツクちゃんの窪んだ乳首を、掘り起こすように突いた。その上、乳輪をなぞるように蕾を転がしては、少女を追い詰める。
「きゅんッ!」
きゅっと唇を結んで、むずがるドツクちゃん。珍獣の触手が、彼女の乳首を絞ったのだ。

「グフフフのフ♪(意訳・秘技、一番絞り!しかし、極上の女峰だぜ、このイチゴちゃん・・・市場へ卸したら、天井知らずの値がつくな)」
珍獣は滑らかな少女の肌の上へ触手をはべらせ、ただひたすらに乳首を嬲った。時にきつく、時に優しくと緩急をつけながら──だ。

「ああ~・・・お、おかしくなっちゃうッ!」
乳首責めもさることながら、ドツクちゃんを困らせているのは、先ほどから恥丘を割って入ってきている舌の存在。しかも、珍獣はそれに触手をプラスして、花開きかけた幼い恥部へ、淫らな攻勢をかけているのだ。
「だッ・・・だめぇ・・・」
ひくっひくっと体を震わせ、切ない表情を見せるドツクちゃん。その直後、素手ゴロ天使はついに、天にも昇る気分を味わう事となる。

「ああッ!な、なあに、これッ・・へ、変だよぉ・・」
ドツクちゃんは両手で顔を覆い、下半身をぶるぶるとわななかせた。女が得る絶頂をいうものを、今ここで、初めて知った・・・いや、知らされたのである。

「グフ・・・(意訳・いいんだよ、イッても・・・)」
珍獣は少女が達しかけた時、優しい目で問いかけた。バカバカしい!と思われるかもしれないが、かの者は畜生の身でありながら、人間の女を思いやるような仕草を見せたのである。

「ああ───ッ・・・」
ドツクちゃんの今際の声が、秋葉原内に響く。それと同時に、アキバに巣食うダメ人間たちはそれぞれ対になり、何故か組み体操を始めた。種目は花形であるサボテン。おそらくは薄汚れた精神が暴走し、このような奇行を取らせたと思われる。が、それはどうでも良かった。もう、ほんとうに・・・・・

 

 

時は流れ、夏のお祭りも終わった秋葉原には、静寂が戻っていた。しかし、珍獣の存在が潰えた訳ではない。

「うわあ!珍獣が出たぞ!誰か食われてる!」
ある同人ショップ前に、カマキリそっくりの珍獣が現れ、ダメ萌え人間を捕食していた。しかもその珍獣は、蟷螂拳にも似た動きを見せ(元々、蟷螂拳はカマキリの動きを模した拳法なので、当然といえば当然)、凶暴さに拍車をかけている。その上、笑いを誘いたいのか、カマの部分にはこう見えても人妻です──と書いてある。推測に過ぎないが、カマキリ夫人(五月みどり?)という駄洒落のつもりらしい。

「ケーッ!」
「わああ!こっちへ来るぞ!みんな、逃げろ!」
カマキリ珍獣が暴れる中、逃げ惑うアキバ住人たちの流れに逆らう一人の少女が現れた。言うまでも無く、これは変身前の素手ゴロ天使ドツクちゃんこと、山田かでんである。
「出たな、珍獣め!へーん・・・しん!」
変身シーンは略すとして、かでんは光に包まれた後、素手ゴロ天使ドツクちゃんへとその身を転じさせた。その直後──

「シャアアア!(意訳・合体だ!いくぞ、ドツク!)」
「あいよ!あー君」
ドツクちゃんの背後から、アリジゴクに似た珍獣。今は、ドツクちゃんからあー君という名を授かっている、あの異形が現れたのである。そして・・・

「珍獣合体、ドツクちゃんエース!」
ぱくっと下半身を珍獣に飲み込まれたドツクちゃんが、声高らかに叫んだ。
ちなみにエースは、あー君のAをもじったもの。

「グフ(意訳・合体も板についてきたな、俺たち)」
「お愛想言ってる場合じゃないわ。来る!」
珍獣とドツクちゃんとの間に、息の合った空気が流れる。その様はまるで、夫婦の如く。

「ケーッ!」
カマキリ珍獣が吼えながら、ドツクちゃんエースに近寄ってくる。しかし、二人に怯えの色は見られなかった。
「グフフ(意訳・大したやつじゃない、雑魚だよ)」
「でも、油断は禁物よ。いくわよ、あー君」
そんな遣り取りの後、ドツクちゃんエースはカマキリ珍獣に向かっていく。

実は今、人間のチビッ子萌え珍獣は、あの時ドツクちゃんに女の喜びを覚えさせた責任を取り、しもべとなる事を誓っていた。これは、衆人環視の中で、恥ずかしい絶頂シーンを見られてしまった、ドツクちゃんの意を汲んでの事。手早く言うと、責任を取ってくれと泣き喚くドツクちゃんに屈したのである。その上で、彼女のライフワークである珍獣退治にも参加させられており、今やかの者は珍獣合体の土台を務める身なのだ。

「グワアーッ・・・」
そんな説明の間に、カマキリ珍獣は早々と断末魔の悲鳴をを上げて、倒されている。素手ゴロ天使に珍獣の膂力を足した、今のドツクちゃんに敵はない。
彼女の前に立ちはだかるものは、ただ死あるのみ。

「やったね、あー君」
「グフ・・・(意訳・他愛もない)」
骸と化したカマキリ珍獣を見下ろし、ドツクちゃんエースは得意顔。

「やったあ!カマキリ珍獣を倒したぞ!」
「僕らのドツクちゃんエース、ばんざーい!」
秋葉原に平和が戻ると、ダメ萌え人間たちがわらわらとドツクちゃんエースの傍へ駆け寄り、喜びの色を見せた。すると──

「グフフ(意訳・相変わらずうるさいやつらだ。なあ、ドツク、二、三匹食っちゃっていいかな?)」
珍獣合体の土台は、忌々しそうに言う。しかし、ドツクちゃんはつとめて冷静に、
「だめよ、あー君。あれでも、一応は罪無き人々なんだから」
と、言葉を繋いだ。女性上位とでも言おうか、太古より伝説に出てくる珍獣の類は、大抵女性に弱いと記されている。どうやらこの者も、それになぞらえた性格を持っているようだ。

「グフ(意訳・ドツクがそう言うんじゃ、仕方が無いな。じゃあ、帰ろうか)」
「うん」
こうして、珍獣合体ドツクちゃんエースは、秋葉原を後にしていく。そして、その姿を一人の偉人が見送っていた──

「素晴らしいですねえ・・・珍獣と人の触れ合い・・ぼかぁ、感動しました」
そう言って、ドツクちゃんエースを見やるのは何と、某ムツゴOウさんである。動物王国を築いたあの偉人が手を叩き、目を細めて見ているのだ。
「二人は寝起きを共にし、種を越え、生きている・・・素晴らしいじゃありませんか・・・ねえ、みなさん」
ムツゴOウさんは共生の素晴らしさを謳いながら、アキバ住人たちに問いかける。貴様ら、悔い改めよ!と。

この後、秋葉原はドツクちゃん萌えの同人誌が流行し、また廃れていくのだが、それはまた別のお話。

今夏、日本を震撼させている珍獣は、未だそこいらを徘徊してはいるのだが、きっとドツクちゃんエースの二人が、それらを薙いでくれる事であろう。そして、いずれは珍獣と人間が共生する道が開かれるかも知れない。

もちろんそれは、あの動物王国を築いた偉人の手によって・・・・・

コメントは停止中です。

サブコンテンツ