最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • PCMAX【18禁】

  • ワクワクメール【18禁】

敗北

締めつける、と云う感覚ではなかったもののその怪物の触手はしっかりと四肢を掴みびくともしなかった。
「…くそぅ…」
己に腹が立ち、らしくもない悪態が口をつく。
シュリン……
何かを引きずる音に顔を上げると、眼前に大剣の切っ先が突き付けられていた。
この怪物を屠る為に携えてきた己のものである。
だが、普段頼りにしているその美しい刃は今自身に向けられているのだ。
「ち…っ」
殺られる。そう覚悟し、きつく目を閉じた。
ビュン!ビュン!ビュン!
逞しい腕によって力強く風を切って振りまわされる剣。
しかし、いっこうに痛みは襲ってこない。鼠を前にした猫のように甚振るつもりなのだろうか。
キン!…ガラン…ガラン……カラン……
急に肌寒さを感じ目を開くと、己の体はいっさい傷が付いていないのに鎧だけがきれいに切り落とされほぼ全裸に等しい姿を晒していた。
「な!…」
今まで人前で肌を晒したことなどない剣士の顔は恥ずかしさに見る見るうちに真っ赤になっていく。
これで緊張の糸もあっさりと切れてしまった。

「き・貴様!何のつもりだ!一思いにやれ!!」
恥辱、怒り、悔しさ。感情が爆発し一息に捲くし立てる。
その言葉に答えるように剣の切っ先が上段に構えられた。今度こそ最期か。そう思った。
だがまたしてもその「期待」は裏切られる。
くるり
刃を下に向けると、
ガキン!
深深と地面に突き立てたのである。
「え…?」
怪物の意図するところが掴めず、呆然としている剣士の体が触手によってゆっくりと持ち上げられ始めた。
身を捻って足掻くが、やはりまったくそれらが緩む気配は無い。
ほどなくして突き立てられた剣の真上にくると、
がば!!
両足に絡みついていた触手が左右に引っ張られ大の字に近い格好となった。
「ちょ、ま、まさか!?」
顔が引きつる。嫌な考えが頭をよぎる。
そのまさかであった。
少しずつ剣士の体の真芯をそそり突き立つ剣の「柄」に向けて下ろしだしたのである。
「いやだ!やめろ!やめて!それだけは!!」
頭を振り乱し半狂乱になってもがく。
しかし、そもそも人の力でどうこうできる相手では無いのだ。
更に、音も立てずに左右から伸びてきた触手ががっちりと腰を掴んだ。
「やだ!はなせ!やめろ!やめろぉぉぉっ!!」
叫び声だけが虚しく響く。そして、
「ひぃっ!!」
柄頭が秘裂の入口に触れ、終に、
すぶぶっ
「っ!!…かはっ……ぁ…!」
処女の秘肉を割って太い柄が胎内にねじ込まれた。

「か・・・・・・はうっ・・・あ・・・あ・・・」
力ない声が、辺りに弱弱しくこだまする。
異様な光景が、その場に展開されていた。
鬱蒼と茂った森の中で、何かの間違いの様にぽっかりと開けた空間。
その中心に、肌色の十字架があった。
地面に突き刺さった剣。周囲を這い回る、無数のタコの様な触腕。
そして、剣の柄の上に、一人の女の姿。
まだ少女、といっても違和感の無い程度の年恰好だった。
体の各所には、鎧を着ていたと思われる装飾がまだ所々残ってはいたが、それは「体を守る」という鎧の役目を既に全く果たしていない。それどころか、女性にとっての最低限の衣服すら、少女には残っていなかった。
白い肌で出来た背中の平面が、
頂点に慎ましやかなピンク色の蕾を有した胸の小振りな双球が、
未熟な中にも女らしさを有した尻の曲線が、
顕わになって広場の真中に空気に晒されていた。
そして、女にとって最も隠したい筈の恥部に、剣の柄が突き刺さっていた。
まるで剣の柄に跨るかの様な格好で、少女は恥ずかしい開脚を強いられている。
薄い恥毛。まだ殆ど使われた様子もみれない淫裂が、剣の柄によって淫靡に開放されていることが、恥毛をかきわけてはっきりと見えた。
「く・・・くーーーっ・・・はぁぁっ・・・」
処女膜は、既になかった。激しい運動を常とする彼女の様な人間には、別段珍しいことでもない。しかし、まだ男を受け入れたこともない蒼い肉体に、突然異物が挿入されたのだ。激痛こそあれ、快感などかけらも感じられない、筈だった。
「う・・・く・・・ぅっ・・・な、なんで・・・」
彼女の手足や尻は、太い触手に巻きつかれ、固定されていた。白い裸肌に赤黒い触腕が巻きついている様は、人影など全く無いこの広場にあって、途方もなく淫猥だった。

巻きつかれている足が、尻が、揺れる。
内太ももを、つーっと一筋、無色透明の液が流れ落ちていった。
「な・・・なんで、んっ・・・あっ・・・なに・・・これ・・・」
体が、熱い。どこよりも、太い柄が突き刺さった恥部の中が、熱い。
全裸に近い白い姿が、くねる様に動き始めた。
「や、やだ・・・あ、あっ・・・んっ・・・」
つい一刻も前までは、勇ましい鎧に身を包んで、醜い妖魔を蹴散らしていた筈の、自分が。
少女を何よりも動揺させていたのは・・・快感だった。
(な、何で・・・感じちゃう・・・の・・・)
深い吐息が漏れる。そして、その事に自分自身で動揺する。今の吐息には覚えがあった。
眠れない夜、自らの秘所に手を伸ばして、いやらしい水音を立てた時の吐息と同じだったからだ。
「はぁっ・・・」
この瞬間、少女は自分の秘所の変化を自覚する。
濡れた。
剣の柄と自分の体との隙間から、こぷり、こぷりと何かが染み出ていくのが分かる。
訳がわからなかった。
柄を突っ込まれた時の激痛はいつの間にか熱さの中に飲まれ、それにとって代わった感覚が、自分の体を支配しつつある。少女は、その認識に純粋な恐怖すら覚えた。
「くっ・・・くっ!は、はな・・・せっ!ばけ・・・ものっ!」
とってつけた様な抵抗。まるで自分自身に言い訳をするかの様に、少女は周囲の触腕を振り払おうと、空しく手や足に力をこめた。

尻を抱えていた触手が、ぱっと拘束を解いた。
ぐらっと、体全体が揺れる。
「はぁうっ!!??」
中が、えぐられる。そんな感覚すらあった。体の角度が変わった拍子に、剣の柄が自分の内側をこすり、少女の最も感じる部分を、無遠慮に殴りつけていった。
ぶしゅっ。
痛みではなく、凄まじい快感が走り抜ける。頭に電流が流れる。真っ白になる。
その瞬間・・・少女は、絶頂した。
ぶしゅっ。ぐちゅっ。
淫靡な音を立てて、少女の陰部から愛液が漏れる。最初は勢いよく、段々とこぼれ落ちる様に。
「か・・・はぁっ・・・はっ・・・」
びくびくと体中が痙攣する。手足は触手に抱えられたまま、足がぴんと伸びる。そして、後ろに傾いた剣に合わせるかの様に、後ろに丸い尻が突き出される。結果的に、少女は剣の上で立ちバックに近い格好を取らされていた。
「はぁ・・・っ・・・んぁ・・・」
脱力。荒い息をつく。いつのまにか、恥ずかしい程に乳首が凝り固まり、固く立ってしまっていることを自覚する。全身が、快感を受け入れ紅潮しはじめている。

じゅぽっ。
「あぁんっ・・・」
新たな快感が、敏感になった全身をびくっと振るわせる。
じゅぽっ、じゅぽっ、じゅっ。
触手が少女の尻を再び抱きかかえ、ゆっくりと上下に振り始めた時、少女の声に抵抗の色は無くなっていた。一度迎えた絶頂が、少女の中の抵抗心を打ち砕いてしまっていた様だった。既に、自分の体の異常な反応も、周囲から丸見えの状態で犯されているこの状況も気にならない。
「あっ・・・あぁっ・・・胸・・・胸もぉ・・・」
じゅっ、じゅっ、ちゅぽっ、くちゅっ。
リズミカルに体を振るわされる中、少女はついに甘える様な要求すら出した。固くしこった乳首を、いじりたい。舐めまわされたい。
その言葉に答えるかの様に、左の乳首に細めの触手が吸い付いた。触手の先についた無数の小さな繊毛が、一斉に乳首にとりすがる。
「んぁっ!!」
数人の子供に一度になめられているかの様な快感が、少女の脳を直接襲った。既に恥ずかしげもなくぬるんだ液を垂れ流している秘部から、またしても勢い良く愛液が流れ出す。
「・・・はぁ、はぁ、あんっ・・ん・・・?」
右手が、動く。いつの間にか、右手の肘から先が、触腕から解放されている。
数瞬のためらいを経て、右胸はゆっくりと、自分自身の右胸に降り立った。
乳首をいじり、丘全体を揉む。

「あっ、あっ、んっ、はぁっ・・・」
声がリズミカルなものになり始めた。再びの絶頂が近づく。淫液がしとどに流れ出し、時折尻全体がびくっと震える。
いつの間にか、剣の柄の上、少女のクリトリスの周囲に、イソギンチャクの様な細かい淫毛が吸い付き、刺激し始めていた。
「はぁぁっ・・・んくっ・・・あ、あぁっ・・・またイくっ・・・」
限界だった。右手で強く自分の乳首を押し込んだ瞬間、少女の体は再びの快感の波動に飲まれ、びくびくと痙攣した。
やがて、少女の尻は剣の柄から引き抜かれ、じゅぷっといやらしい音を立てる。その時もまだ、少女の体は快感の余韻に翻弄され、全身をびくびくと震わせていた。
森の中からゆっくりはいずりだして来た触腕の本体も、その先端についた産卵管も、今の少女の目には入らない。ただひたすら、体の中を駆け巡る快感の余韻を、限界まで味わうことだけが、彼女の脳裏を占めていたのだった。

「はぁっ・・・はぁっ・・・はぁっ・・・んっ・・・」
草の上に四つんばいの格好で投げ出された少女が、荒い息をついている。
全裸、ではない。未だ足の先にはブーツを履いているし、肩には肩当て飾りの名残が見えたが、他の白い肌が汗にまみれて艶かしく曝け出されている今では、それは却って淫靡さを深めている様にしか見えない。本人は気付いていないが、四つんばいになってお尻を突き上げる様な格好が、濡れそぼった秘所をはっきりと外気に触れさせてしまっていた。
「んっ・・・」
まだ快感の名残が体の各所を走っているのか、断続的にびくっと全身が震えている。
その度に、口からは僅かに声が漏れ、既にとろとろに溶けた秘所から新たな液が流れ出してしまう。
だが、少女の目には、段々と理性の光が戻りつつある様に見えた。
触手は相変わらず周囲を這いずりまわり、少女の秘所辺りの反応を調べる様に、盛んに自らを伸ばしては、まるで匂いを嗅ぐかの様な素振りを見せる。ただ、わざわざ近づくまでもなく、周囲一面に性臭は顕わに流れ出していたのだが。二日間程も男女が交わりあった後であるかの様な匂いが、周囲一面に漂っていた。
(うご・・・ける・・・)
少女の脳裏に、ようやく快楽以外の思考が割り込んできた。ゆっくりと五感が戻ってくる。
(すご・・・かった・・・)
男女経験すら殆どない自分が、何故これだけ感じてしまったのかが分からない。普段の自慰など比較にすらならない程の快楽。右手を自由にされて、激しく自らの胸をいじってしまったこと。
完全に快感に敗北してしまっていた記憶がまざまざと戻ってきて、少女は屈辱感と恥ずかしさに顔を紅潮させた。

「くっ・・・」
せめて、まだ周囲をはいずっているこいつらだけは、

斬る。必ず。

まだ体を走る弱い電流の様な快感を無視し、少女は身を起こそうとした。急に動いた反動で秘所がこすれ、「はうっ・・」と声が漏れる。秘所の辺りにまとわりついていた触手がはがれる。なんとか膝立ちになる。
(油断さえしなければ・・・剣さえあれば、こんな連中・・・!)
振り向いて剣に手をかけようとしたその瞬間、ようやく彼女は、気付いた。
周囲の触手が、何かを迎えるかの様に道を開けていることに。
そして、その向こうにいる本体の、おぞましい姿に。
「・・・・・っ!!」
慄然とした。
全体としては、先ほどまで自分を犯していた触手を大量に束ねた様な姿をしていた。女を犯すだけの為に存在する様な、無数の触腕。イソギンチャクの様な細かい触手群に、先がカリ首の様に膨らんだ吸気管。イボの様なものが大量に付着した触覚に、巨大な産卵管。
それを見た瞬間に、少女は理解した。自分が何の為に、何をされていたか。何故自分がああも感じさせられ、秘所を恥ずかしい液体でまみれさせなければならなかったか。
おぞましい前戯。自らの子供を人に孕ませようとする、怪物の淫らな生態。
総毛だつ様な恐怖。同時に、あの本体に犯される時の感覚がリアルに股間に浮かび、少女は激しく動揺した。
あの触手に捕らえられ、全身をくちゅくちゅに犯されれば、自分は一体どうなってしまうのか。
思考を強いて断絶し、少女は剣に手をかけて素早く立ち上がろうとした。

「っ!!??」
足首がもつれた。
剣を引きずったまま、後ろにしりもちをつく。Mの形に足を開く恥ずかしい格好になったが、気にしている余裕もない。
膝から先が、動かない。立ち上がれない。
「なっ・・・!」
麻痺という訳ではない。感覚はあるのに、力が伝わらない。
辛うじて抜くことは出来た剣を片手に、尻餅をついたままで必死に後ろに下がる。
(う、動け、動いてっ!)
何か、毒の様なものでも注入されたのか。まるで腰が抜けたかの様な格好のまま、少女は必死に剣を振り回した。周囲の触手すらろくに切り払うことが出来ない。
悔しさのあまり、紅潮した顔に涙が零れそうになる。
ずる。
巨大な本体が、ゆっくりとはい寄って来た。
刺し違えるか、自決するか。
覚悟を決めた。
毒を注入したとすれば、獲物は殆ど動けないと思っている筈だ。
再びあんな痴態をさらしてしまうくらいなら、刺し違えて死んだ方がはるかにましだ。
そう思った。
しゅっ、と一本の細長い触手が、彼女の性臭に誘われるかの様に飛んできた。
斬った。
切断面から、赤黒い液体が跳ね散る。
下から、上。跳ね上げる様な剣筋。自分の剣技が鈍っていないことに勇気付けられる。
しゅっ、しゅっ。次々と襲い掛かってくる触手を、剥き出しの尻を地面に密着させた姿勢のまま左右に切り捨てる。意識が昂揚する。
いける。そう思った。

気付くべきだった。周囲の触手の数に比して、あまりに散発的な攻撃。まるで獲物をなぶっているかの様な、あまりに鈍い動き。
変化は唐突に現れた。剣を握っている右手の、強い脱力感。手首から先しか動かない。
「なっ・・・!!」
足先と同じだった。感覚は消えてはいない。あまりに急激な体の変化に、剣を取り落としそうになる。
悟った。右腕一面にべっとりと付着している、赤黒い体液。
「くっ・・・くそっ・・・っ!」
最後の力を振り絞って、剣を怪物の本体に投げた。狙いたがわず、深々と突き刺さる。
(やった・・・!?)
そう思ったのは一瞬だった。
剣が突き刺さったと見えた、その傷跡から、びしゅるっと音を立てて、数本の触腕が
矢の様な勢いで飛び出してきた。
「し・・・っ!!」
意識の隙を突かれた。飛び出してきた触手を含め、一気に襲い掛かってきた十数本の触手が、一斉に体中に撒きつく。手が、足が拘束される。尻に細い触手が巻きつく。
「やっ!!やめろぉぉっ!!」
暴れることも出来ない。舌をかみきろうとした瞬間、一本の細い触手が少女の舌に絡みついた。まるでディープキスでもしているかの様に、巧みに紅色の蛭を愛撫する。
「んっ・・・うむぅっ・・・やへろぉ・・・」
数本の触手が力の抜けた足首に絡みつき、尻もちをついた少女の体をひっくり返した。
手が万歳の格好をとらされる。足が開かれる。全てが晒される、まんぐり返し。
「むっ!!むーーーーっ!!!」
恥ずかしさと悔しさのあまり、少女の目に再び涙が湧く。まだ動く太ももや背中、腹筋まで使って暴れるが、傍から見れば尻を淫らに振って男を誘っている様にしか見えない。

数本の触手が、未だ乾いてはいない少女の淫扉をノックする。表面をなぞる様に、一本の触手が走り抜けていく。
「・・・はふっ・・・」
体に再び、異常な快感が走り抜けていった。一瞬尻が浮く。
びしゅっ。
少女の少し小振りな乳房に、また一本、触手が螺旋状に巻きついた。全体を蠕動させると同時に、乳首をいやらしく転がす。
それと同時に、絨毯の毛先の様な細かい繊毛が、少女の恥部へと這い寄っていった。
こすり上げる。
「ん・・・・・・っ!は・・・・・ぁっ・・・・」
少女の表情が歪んだ。一瞬全身が震える。きつく目を閉じ、声を出すのを我慢しようとするが、強制的に送りこまれる淫らな感覚に、ともすれば一瞬で押し流されそうになる。
(くっ・・・ダメ、だ・・・め・・・感じちゃダメぇ・・・)
既に少女の舌は戒めから逃れていたが、それに気付く余裕もない。秘所全体をすっぽりと覆う様に張り付いたざらざらとした繊毛が、膨らみつつある恥核から尻までゆっくりと舐め上げる様に上下する。胸と比較すれば大きめな尻が、その度にびくびくと震える。
ぷっくりと、クリトリスが凝固してきた。それを見逃さず、先端に濡れた触角を下げた
触手が、舐め上げる様に淫らな小豆に襲い掛かる。
ねとっ。
「はっ・・・!あ、あぅっ・・・・うっ・・・」
ピンク色の衝撃。声を抑えようにも、口を抑えることさえ出来ない。乳首から、クリトリスから、恥ずかしい入り口から、一斉に流れ込んで来る快感の前に、少女の意識は決壊寸前まで追い詰められつつある。

(か、感じないで・・・っ・・・あ、気持ち・・・い・・・あ、ダメ・・・)
こぷり、こぷりと愛液が流れ出し始めた。意識より一足先に、体が触手に屈服する準備を始める。どんなに抵抗しても、快楽が流れこんで来るのを止められない。
ざらっ・・・ざらっ・・・
ぬめりきった草原を撫で上げる、淫靡な絨毯。
(こ、これ、だけ、じゃ・・・イけない・・・)
淫靡な心の声。
必死に首をぶんぶんと振ったが、少女は気付いてしまっていた。自分の内部が、ひくひくと痙攣している。何かをくわえ込みたいと、何かにえぐられたいと、卑猥な主張が始まっている。尻がくねくねと揺れる。
「く・・・ぅっ・・・は・・・は、はぁあっ・・・」
もう、止められなかった。
自分から尻を動かして、自らの股間を撫で上げ続けている絨毯に秘所を押し付ける。刺激が、じわりと強くなる。自分から求めてしまう屈辱に唇を噛むが、動き出してしまった快感のプロセスはもう止めることが出来ない。
「あぅ・・・あ、あぁんっ!はっ・・・ぁっ・・・」
指程度の太さの触手が一本、淫らな洞窟の中に侵入して来た。まだきつきつの穴の感触を楽しむ様に、ゆっくりと奥へ奥へと這い進む。ただそれだけの刺激で、少女の腰はがくがくと震えてしまっていた。中に入ってくる、ただそれだけのことでとてつもない悦びが下腹の方から湧き上がってくる。自分の体が絶頂を求めだすことを、もはや少女は止められなかった。
くちゅ・・ちゅっ・・・じゅぷっ・・・
中の触手が動き出す。それに合わせる様に、少女の背中がつっ、つっと反っていく。
「あぁぅっ!はっ!きゃふっ!はっ!はぁっ!!」
声を抑えようという枷も、少女の中でとっくに打ち砕かれていた。全身で自らが受けている快感に対して歓迎の合図をする。触手が動く度に、狭い隙間から愛液が飛び散る。尻が跳ねる。
少女の全身ががくがくと震え始めた。つま先が丸められ、力がこもる。
触手が、ぬるぬるとした洞窟を走り抜けて、少女の一番奥へと襲いかかった。
「あ・・・ぁぁっ!!!い、いく!いくぅっ!!!」
背中が反り返った。愛液が、ひときわ激しくぶしゅっと迸る。
口から涎すら垂らしながら、自分の体がずっと求めつづけていた絶頂にようやく辿り着けたことを、少女は認識したのだった。
それは、少女の身でありながらいくつもの戦いを経てきた剣士が、完全に敵に屈服した瞬間だった。

「は・・・ぁっ・・・はぁっ・・・あ・・・」
まだぴくぴくと震える、腰や尻。その動きを止めることも出来ない少女の体が、浮いた。
脱力しきった少女の白い裸体が、無数の触手によって持ち上げられ、空中でくるっとひっくり返される。触手以外に支えるもののない、淫猥なバックスタイル。
丸く白い尻が宙にさらされ、秘所から菊門まで、女の見えてはいけない部分が全て見える。
体がひっくり返された拍子に、ぼとぼとと愛液が地面に滴った。
「は・・・あぁん・・はっ、はっ、あっ、あふぅっ・・・」
その間も、周囲を支える触手は愛撫の手を休めない。乳首を、クリトリスを、先ほどとは打って変わって抑えたペースで刺激しつづける。結果的に、少女の体はイきっぱなしの様な快楽地獄の状態に陥っていた。

もはや抵抗する力も残っていない太股に、少し回りの触手よりも太めの触腕が巻きついた。
秘所の周囲に割り入り、ぐっと広げる。
「ひぅっ・・・」
股間を開き切った、いやらしい後背位。ねとっという刺激がクリトリスを襲い、少女の秘所はもう何度目か分からない淫液の迸りを見せた。
(な、なに・・・まだ何かするの・・・)
殆ど快楽色に染まりきった少女の脳裏に、微かに警告の声が響いた。だが、それに答えようにも、もはや自分を縛る淫らな戒めを解く力など、体のどこにも残っていない。
少女に許された動きは、ただ快感に尻を振るわせるだけだった。
膣内を蹂躙していた一本の触手が、突然周囲を広げはじめた。
「ああぅっ!?な、あぅっ、なにっ!?あっ、あぁっ、んっ!くっ、はぁぁっ!」
突然加わった新たな刺激に、少女はひとたまりもなく絶頂を迎えた。触手に戒められたままの両腕が、跳ねる様に暴れる。
異形の怪物は、そんな少女の動きなど全く気にするそぶりを見せず、自らの産卵管を伸ばした。
ひだのついた、巨大な管の様な形をしていた。先端にいくに従って細くはなっているが、周囲にはいくつもの醜いイボが付着し、無数のヒダが刻まれている。
自分の秘所に何かが押し付けられるのを感じた少女は、必死で顔を後ろに向け、自分が何をされつつあるかを悟った。
「や、やめ、やめてぇぇっ!!いや!あうっ!そ、それだけはいやぁっ!!」
叫ぶ間も、クリトリスからの快感に襲われる。
無論、異形がそんな声に耳を貸すはずがない。
産卵管が、ゆっくりと少女の中に沈みこみ始めた。

「く!くふぅっ!あっ!・・・ふぁっ!!」
少女の体が、嫌悪感とそれ以外の感覚にくねる。苦しげな声こそ出したが、痛みが殆どないことに少女は慄然としていた。
ただ、自分の体が何かに満たされていく様などうしようもない充実感と、下腹部から体全体に染み渡っていくじんわりとした快感に、少女の体は激しく弄ばれる。
「く・・・ぅっ・・・はぁぁっ」
大きく息をつく。自分の秘所が、ほぼ完全に異形のモノで満たされてしまった感覚。
少女の脳裏には、既に諦念と屈辱感と、そして快楽しかなかった。
程なく、異形のグロテスクな本体と少女の紅潮した裸体が、産卵管を介して完全に繋がった。
ぼこ。
鳥の卵程の大きさの何かが、管をゆっくりと登っていく。
「・・・!・・・うっ・・・ううっ・・・あぁっ・・・」
苦しげな声と、涙と・・・快感の喘ぎ声。異形の卵を胎内に送りこまれることと、そんなときにすら激しい快感を覚えてしまう自分の体に、最早少女は涙を流すことしか出来なかった。ただ淫液にまみれた体だけが、びくびくと震える。
異形と少女の淫猥な産卵劇は、いつ果てるとも知れなかった。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ