最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • PCMAX【18禁】

  • ワクワクメール【18禁】

惑星「H」

完全に自分の趣味で世界を構成するのも悪い話ではないだろう。
人間の淘汰という重大な使命を負った者としては、そのくらいの遊び心があっても、何の罪もないはずだ。
それに俺は、人間だった時代は近代まれに見る、といわれるくらいの女好きだった。
だから、俺はそれにふさわしい世界を構成し、使命に貢献する、それでいいじゃないか。
繰り返しいう、俺は女好きだ、だから淘汰といっても・・・わかるよな?

殺しはしない、絶対にな。俺の手元においておくだけだよ・・・フフフ・・・。
「い・・・一体何?」
部活で遅れてしまって、すっかり遅くなってしまった帰途、突如発生した目の前の異変に、彼女は立ち尽くしていた。
目の前は、肉色を呈した太い紐状の物体、しかもその1本1本、ミミズのように蠢き、透明の粘液をしたたらせていた。
その一本一本は、ゆっくりとした動きで彼女に向かっていた。
とっさにきびすを返し、この得体の知れない物質から走り去る。迂回をして彼女の住んでいる女子寮へ逃げ去ることにした。
息も絶え絶えに、女子寮につく彼女、後ろを振り返る、何もない。どうやら巻いたみたいだ。
一安心して中に入る。と同時に食堂方面から悲鳴が聞こえた。急いで食堂に向かう彼女。
「み・・・みかぁ・・・」その悲鳴の主は、急いで食堂内にはいってきた彼女、美華に助けを乞う、美華は助けを呼ぶ彼女の状態を見て絶句した。
下半身が、なまこの化け物とも呼べる巨大な生物にすっぽり丸呑みされているのだ。
そして今も、口からはい出している触手と本体そのものの蠕動運動により、彼女の体を引きずり込もうとしている。
か細い声をあげながら、両手を使ってなんとかはい出ようとしているところを見ると、どうやら体は無事のようではあるが。
そんな惨状をみつつ、身をすくませながらも美華は、なんとかその親友、佳織を助けようと、そのはい出ようとしている手をつかむ。
と、その瞬間、背後から何本もの物体が現れ美華の四肢を瞬時に搦め捕った。「!」後ろを見ると、先程夜道で出会ったあのミミズ状の物体。そのさらに背後には、暗黒が広がっていた。
よく見ると、佳織を飲んでいるなまこの付け根も、同様の暗黒があった。なにこれ、いわゆる別世界からの住人て奴?
「みかぁ・・」目に涙をため、悲しげにいう佳織が怪物に飲まれていくのを見ながら、どうしようもなく触手に搦め捕られて行く美華。
佳織を完全に飲み込むと暗黒に消えるなまこ、同時に触手に完全に搦め捕られていた美華も暗黒に消えた。

無人の寮食堂に、テレビのニュースが流れ続けていた。
「ここ数日発生しております連続女性失踪事件は、未だ手掛かりの1つも見られず捜査は難航しており・・・」
目が覚めた、生暖かくて湿度の高い空気が辺りを包み、臭いわけではないがなにやら生々しい匂いが鼻腔を突く。
どうやら横になっていたらしい。目の前に広がる赤赤とした風景、視力がはっきりしていくにつれ、床が壁がはっきりする。
それはあたり一面、自分をさらっていった肉の紐と同じ物体で構成されていることがわかった。
そうして初めて、妙に生っぽく人肌よりあたたかめの感触を全身に感じ、体をとっさに起こす。
何も着ていない!美華は自分が何一つ身に着けていない姿であることにようやく気がつく。
周りを見回す、あたり一面肉、肉、肉。他になにもない。なんと、こんな場所で自分は裸で放置されてしまったのか。美華はしばし呆然とした。
と、そのとき、何か妙な声が、生暖かい空気に便乗してくぐもって聞こえ出す。人がいた! とにかく現状からの打破のために歩くことにした。
歩くたびに、踏んだ部分が柔らかくへこんでいき、ある種の弾力でもって足を包んでいくような、
それこそ肉のような感触を気にしつつ、とにかく声のする方向に向かっていく。
そのくぐもった声の正体が明らかになるにつれ、これは聞き覚えのある声だと言う事がわかる。
これは、佳織のものだ。よかった、無事だったんだ。声のする方向へ走る。
確かに、佳織はいた。
なにやら透明の袋に入っていた。
体中をなにやら妙な肉の紐でまさぐられ、揉まれ、すりつけられつづけていた。当然のことながら全身はぬれて光っていた。
そして彼女の足の間でうごめいているものをみて、ようやく彼女が何をされているかはっきりした。
この袋の怪物に、陵辱されている。
そしてその怪物のてっぺんである、その口を見て、その袋の正体が、
佳織を飲み込んでさらっていったあのナマコであることも、同時に気が付いた。

「はあっ、あっ、あはっ、ひあ、いあ、いあら、ひあ」
何度も何度も陵辱されまくったようで、普段おとなしい彼女からは信じられないほどの乱れた声が、その透明の袋から響き続ける。
足の間をうごめき続ける2本の物体は、明らかに膣だけでなく、その後ろの穴も突いてることがわかる。
よほど激しい攻めをしてるだろうことは、その2本の動きと、彼女の腰の動かされ状況で一目瞭然だ。
「いやら、いや、また、いぐ・・・もういくのやら、ひああ」
彼女の意思と関係なく、何度もイカされたらしい、息も絶え絶えの声は性感の声であったが、それは拒絶をいまだに訴え続けている。
「あっ、あっ、あっ、いあああああああああああああ~~~~~っ!!」
ひときわ彼女の体がビクビクと波打ち、ぴんとはりつめ、やがてうなだれる。
袋の中の一連の動作を見せられ続けた美華は、呆然としていた。そうだ、たすけなきゃ・・・でもどうやって・・
袋を破壊しようにも、何一つ身につけていないしかも丸腰の自分では、袋の陵辱相手として1人加えることになるだけだ。
そう、まず何より自分が、そんな危機にいつさいなまれるか・・・
美華は、自分の身を心配しだした。辺りをうかがう、幸いあの袋以外何者もいないようだ。
ゆっくりと踵を返し、美華は歩き出す、この肉の世界、できるだけ壁に沿って歩くことにした。
元の世界に戻れる根拠もない、第一自分は裸だ。これ以上もない心細さだったが、今は歩くしかない。
「ひ、ひあああ、もうやめへ・・ゆるし・・・あああああっ!」
何度も行われただろう陵辱の再開が、背後で行われていた。
「たふけ・・だれかぁ、あんっ、あっ、はあっ、たふけて、あっ、はっ、みか、みかあぁ・・・」
助けを呼ぶ声が泣いていた、嬌声と涙声が混じってとても悲しげだった。
「佳織・・・ごめん!!」どうしようもない自分を呪いながら、泣きながら、美華は駆け出していた。

この先に、出口など元から存在しないことも気づかずに。

 

 

錬金術師だった俺は、生命の創造と永劫の命について研究を進めていた、そう、当時の世では禁忌とされていた部類の研究を平気で進めていたのだ。
何を馬鹿なと一笑に付すような内容でもなぜか連発で成功を重ね、
世間から隔絶した地下室での研究内容にかかわらず国に調べをつけられる程にまでなっていた。
もう少しで、今の戦いに明け暮れた世を完全に覆す、「弱肉強食の生態系からの離脱」についての研究が完成しようとしたときに、
神に背く研究を行う異端者として国に死刑宣告を受け、俺は地下室もろとも焼き払われ、
その研究結果とともに存在すらも完全消去された。はずだった。

だが、どういう訳か俺は生きていた・・・

 

 

あちこちで、悲鳴と助けを呼ぶ声と淫声を聞いている。
訳の分からない、生態も種類も不明な生命体たちと、それから逃げ惑う裸の女性たち。
ここはどこだ。地獄の一丁目か。しかしそれにしては残虐な場面には一切出くわさず、捕まった女性は例外なく彼らの性具にもてあそばれる。
ひとしきり楽しんだ後は、ぐったりして肩で息をする女性を肉の床に転がし、再び次の獲物を探す。女性の方もやがて体を起こし、当てもない逃亡を再開する。
肉の壁に隠れ幸いにも今まで自分が犠牲になることもなく、そんな化け物と女性たちの追跡劇を散々見せられ、美華は疲労困憊していた。
追跡、といっても彼らの歩行は実に緩慢だった。必死で逃げ惑う女性たちとは対称的に。まるで鬼ごっこを楽しんでいるかのようだった。
捕まるのは大抵走ることに慣れずすぐに疲労した者や、袋小路などに追い込まれた者であり、
そんな彼女達を、これまたわざとらしくゆっくり追い詰めて事に及ぶ、まるで中に人間でもいるかのような行動ぶり、一言で言えばサドであった。
また近くで悲鳴があがる。一際幼い。見るとそれは10代に行くか行かないかの少女、なんと、こんな子までここに連れ込まれるなんて・・・。
その小さな体を追っているのは、これまた小さなタイプの生命体。ザリガニを少女程にまで大きくしたような感じだった。
少女は肉の床に足を滑らせて転ぶ、その隙をねらってザリガニのようなものは、その両腕の挟みのようなもので少女の両足をがっちりとつかむ。
ハサミと思われていたものは幾本もの触手で構成されていて、少女の大腿に巻き付きしっかり固定してしまう。
「いやっ、いやーーー」少女は悲鳴を上げつつ大腿に取り付くものをなんとかはがそうとするが、
ザリガニは意に介さずハサミの間から粘液にまみれた赤いものを出して少女の股間をねらう。どうやらあれは舌のようだ。
「ひっ」舌は少女の性器に触れると瞬く間に急所に当ててきたようである。軽く悲鳴を上げ全身を反応させる。
反応があることを確認すると、舌はその部所を徹底的に嘗め出す。
「いや、いやああ、あっ」少女は怪物の頭と舌を押さえ引きはがそうと試みるが、舌の粘液の滑りと柔軟性のために思うように行かず、
2、3度の刺激を与えられただけでその手の力をよわめ、頭の上に手をかざす程度になる。
くちゅ、くちゅと、水音が響くたびに、ぴく、ぴくと体をはねらせ、襲いくる強烈な刺激に軽い悲鳴を上げ、体を横にふってそれを拒絶し続ける。
繰り返すうちに少女の体が仰向けとなる。化け物は気にすることもなく少女のつぼみを楽しみ続ける。
やがて少女の顔が上気し、息が一層上がり、腰がなまめかしく動き出す。しかし、
「いや、い、いやぁ、いやぁあ・・・ぐすっ」まだ拒絶を訴え嗚咽し、泣きながらいやいやをし続ける。目に涙をいっぱいためている。
やがて嘗め続けた舌の動きをとめ、怪物は次の行動に入った。大腿を掴んでいた鋏状の触手を少しずつ少女の上半身に迫り出させる動作をする。
少女は何かを感じたのかその迫り出す触手を拒否すべく手を当てる。
だが、襲いくる性感の連続で思いどおりの力が出せない手では、1ミリたりとも押し返すこともできなかった。
やがて完全に少女の上半身に怪物が乗っかる形となり、鋏状の触手は背中に回りこんで縛る形となる。柔道で言う正四方固めといった塩梅だ。
怪物の頭から再び、あの粘液まみれの赤い舌が出てくる。それは真っ先に、空気を求め続けて開いていた少女の口の中に入り込んだ。
抵抗する暇も無く、唇を奪われた少女は、顔をふって振り切ろうとするがうまくいかず、やがてあきらめたのか、顔ふりをやめる。
口径内を怪物に味わい尽くされ。少女の頬が時々膨らんだりしている。再び少女の目に涙があふれる。
怪物の尾の部分から、何かがまろびでた。尾にしては随分長く一際肉肉しく、そして粘液にまみれていた。
その先は幼い松茸のような格好、どうみてもあれは男性器そのものだ。
しゅるしゅると動いた後、それはゆっくり少女の足の間に侵入を始める。狙いを定めているようだ。
尾の先端が、先程からの愛撫ですっかり濡れている丘にぴとりとあたる。
その瞬間、僅かに少女は、体を僅かにぴく、とさせる。何をされるか悟ったのかその目は見開かれ、ふさがれた口からは声が漏れる。声からして恐らく拒否だろう。
だがやはり、その尾はゆっくりと前進を始める。少女は体を振って必死で抵抗を試みる。しかしそれで前進がとまることはない。
何かが突破されたらしい、少女の目は一層見開かれ、背中がえびぞっている。
「ん~~~~~~!!!」ふさがれていた少女の口から、一段と大きな声が漏れる。
怪物は、尾がはいりきったことを確認すると、前後運動を開始する。尾が動く毎に声が漏れ、腰が動き、水音が響く。
少女の手は怪物をなんとか押し返そうとする動きをするが、前に後ろに動くたびにその試みが中断され、
やがて怪物の背中に手が回される形でおわる。まるでそれは、怪物を掻き抱くような案配であった。
尾は前後運動だけではなく、上下左右に動いたり回転するような動作も加え始める。尾と腰の動きでそれはみてとれた。
すべてをあきらめたのか、少女は全身の力を抜き、怪物の蹂躙に身をまかせる。
「ぷはっ」下半身の動きに集中しているのか、舌が口から引き抜かれ、口と舌の間に糸をひかせる。
悲鳴だけだった少女の声が、やがて変化する。泣き声にため息が入り交じった、淫声独特の声。再び上気しだす少女の全身。
だが、嗚咽はそのままだった。泣き続けあえぎ声をあげつづけ、涙を流し、時折歯を食いしばりながら快楽に堪えようとする。
怪物の動きが早さを増す。いよいよ終焉か。少女にもその予感があるのか、あえぎ声に緊張が交じる。
そして怪物の動きにあわせ、体が、声が、激しく早くなる。
怪物の尾が思い切り深く差し込まれる。
「ああああああああああ~~~~~~~~~~!!!!!!」快楽と絶望とがあわさった。裏声交じりの絶頂の声。
その声を聞きながら、怪物は2度3度下半身を震わす。少女は全身をえびぞらせてそれを受ける。
やがて怪物の尾が、ゆっくり引き抜かれる。
少女は全身を弛緩させはあっ、はあっ、と言う深い息を肩ごとくりかえす。その股間からは、怪物のものと思われる、白い粘度のの高い液体があふれ初めていた。
また、見てしまった。
美華は怪物と少女の一部始終をみて、手が出せない自分を呪った。
だが、襲われていないのを幸い、先に進めばきっと何かあるはず、という根拠のない希望にすがり、
美華は、また歩きだす。
おぞましいと思う一方で異様な興奮に見舞われたらしい、濡れて光る股間もそのままに。

「いやっ、いやあ、だめ・・・・ああああああ」
後ろで2回目が行われているようだ。この怪物たちは例外なく絶倫らしく、1度や2度で離してくれるようなものはいなかった。
今回のは、あの怪物のサイズからして、4度くらいは確定かな。美華はそんなことまで考えるようになっていた。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ