最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • PCMAX【18禁】

  • ワクワクメール【18禁】

リング

四角いリングの中では、半裸姿の女。それと、食虫花を思わせる怪物が、対峙している。
「ちくしょう・・・この、化け物・・・」
女は息を荒げ、焦燥感に包まれていた。目前にある化け物は、美しい花を実らせてはいるが、粘液にまみれた触手を持ち、獲物を狙っている。獲物とは、もちろんリングの中にいる女だ。
「せりゃあッ!」
女が叫びと共に、前へ出た。触手の間を抜け、花を狙いにいく。女には手持ちの武器など無く、完全な徒手空拳だった。それでも、前に出る。ブロンドの髪をなびかせ、怪物に食らいつこうとしているのだ。
しかし・・・
「あッ!」
怪物の触手が女の足を掬う。怪物は、植物から進化した異形と見えたが、動きが早い。その上、幾本もの触手を使い、獲物を捕らえる事を、得手としているようだ。女は、あっという間にリングへ這わされ、怪物に圧し掛かられた。
「やめてーッ!」
女が悲鳴を上げる。下半身は完全に触手の元にあった。
「ああ・・・」
女は突っ伏してリングの上でもがく。だが、怪物の戒めからは逃れられそうにない。その内、女が身に付けていた衣服が剥ぎ取られた。
「ああーッ・・・」
尻の割れ目を伝って、触手が女の秘部へ潜り込むと、哀しい悲鳴が上がった。怪物が、女を犯したのである。

「面白い趣向でしょう」
リングを見下ろすように作られた席上から、長身で痩躯の男が言う。
男は、隣に座ったうら若き女性へ、同意を求める様な眼差しを送った。
「ええ。とっても」
そう答えたのは、高橋夏見。今をときめく、高橋財閥の一人娘である。
夏見は、目下で怪物に犯されている女には、憐憫の欠片も見せていない。今、怪物に組み伏せられた女は、リング内を這いずる様にして犯されている。その様が、夏見には面白くてたまらないらしい。
「十七歳の夏見お嬢様には、少々過激すぎるかとも・・・思ったんですが」
痩躯の男はそう言って、ワイングラスを手に取った。
「いいえ。素晴らしい退屈しのぎです、葛原さん」
夏見が答えながら、男の名を親しげに呼ぶ。痩躯の男の名は、葛原丈。
貿易会社を経営し、財界に縁が深い人物だった。
「女性が静かになりましたわね」
リング内を指差しつつ、夏見は葛原へ問い掛ける。見れば、戦っていた女は崩れ、今や微動だにしていない。怪物の前に、屈してしまったようだ。
「次の趣向へ移りましょうか」
葛原がぱちんと手を鳴らすと、リングがフロア下へ降りていった。女も怪物も共にである。
「あの女性はどうなるんです?」
夏見が好奇心一杯に問うと、
「さあ」
葛原は、表情も変えずに答えた。

葛原が、金持ち相手に面白い趣向を凝らしている・・・と言うのは、財界においては、常識となっていた。諸々の事情で、首の回らなくなった女を集め、怪物や猛獣と戦わせている。そんな忌まわしいショーを催しては、金持ちの退屈をまぎらわせているのだ、と。
リングの周りを良く見ると、テーブル席がいくつも設けられ、金のかかった装いをした男女の姿が確かめられる。リング上のライトを強めてあるので、席についた客たちは互いのシルエットしか見られない。だから、身分が分からなくて済む。
彼らは飲食をしながら、女が怪物に犯されるのを見て愉しむのである。
悪趣味の極みと言えた。

「夏見お嬢様、次の趣向です」
「楽しみ!」
葛原が夏見を促した。高橋財閥は、並みの金持ちとは違い、VIP扱いなので、いつも特等席を設けてある。誰をも見下ろし、優越感を満たしてやるのも、葛原のしたたかさだった。
「今度の女は、難民です。この戦いに勝ったら、大金を遣って入国を認めさせてやる、と言ってあります」
リフトでせり上げられるリングの中に、褐色の肌を持つ女がいた。年は二十代後半といった所か。筋肉質で、長身の娘であった。
「何と戦わせるのです?」
夏見が問うと、葛原が、
「獣人です。知性を持たせてあります」
と答え、頬を歪めた。

リングに現れた新たな挑戦者は、怯えていた。何故、自分がここに?とでも言いたげに、辺りを見回しては訝っている。身なりは、ビキニの水着だけ。豊かな乳房と、脂の乗った腰周りが官能的な女である。
そこへ、一匹の獣が唸りを上げながら現れた。
「あれが、獣人です」
葛原が指差した先に、獣人はいた。全身を体毛に覆われ、虎のような風貌をしている。二メートルを越す巨躯に、全身鋼鉄とも言える筋肉。見るからに遺伝子操作で作った怪物であった。
「アア・・・」
怪物が目前に現れると、女が後ずさる。この時点で、彼女に戦意は無さそうだった。涙目になり、これから己の身に起こる悲劇を、察した様に見える。
「ガウウ・・・」
唸りを上げる獣人は素っ裸だ。しかも、股間からは男根が二本も生えている。
それが、挑戦者の怯えを倍加させていた。だが、彼女に逃げ場など無い。
「助けて!」
女がリングを囲っている柵に手を伸ばし、テーブル席にある人々に救いを求めた。しかし、誰一人動こうとする者はいない。
「ガアアッ!」
獣人が吼えた。それと同時に、女は頭髪を捕まれ、早々と囚われの身となる。
「助けてッ!助けて・・・」
泣き叫ぶ女を、獣人は担ぎ上げた。そして、ヒップを包んでいるビキニのボトムを荒々しく毟り取ってしまう。

「ウウウ・・・」
獣人は立ったまま、女の尻肉を掴んだ。そして、そのまま己の股間へと導いていく。二本の男根は、すでに隆々と反り返り、おぞましい欲望に包まれていた。
「やめてーッ!」
女が抗う。抱きかかえられ、女の急所を割られた。そうなれば、次に来るのは陵辱しかない。女は渾身の力を込め、怪物に掴みかかって見るのだが、とても戒めから逃れられそうには無かった。

「あの怪物・・・ペニスが二本もあるのですね。ああ、早くあの女を犯せばいいのに!」
特等席で夏見が叫ぶ。興奮状態にあるのか、拳を握り締めリング内で泣き叫ぶ女の悲劇を、今か今かと待ち望んでいた。それを見た葛原が、
「もうすぐですよ」
そう言って、ワイングラスを干していく。

「イ・・・ヤ・・アーッ・・・」
叫びが途切れ途切れに飛んだ。女が目を見開いて、背を仰け反らせている。女の秘部と、尻穴へ二本の男根それぞれが穿たれていた。
「ガウッ!」
獣人が腰を揺すり、勝ち鬨を上げた。もっとも、相手には初めから戦意など無く、ただ一方的に陵辱されただけである。その女は失神したのか、ぐったりと体を獣人に預け、ぴくりとも動かなくなった。

「あら・・・もう、終わり?」
夏見が言いながら、不満を顔に表している。彼女は、リング内で女が泣き叫び、犯される姿を期待していた。だから、いとも容易く終わった獣姦ショーに、腹立ちを隠せないでいる。
「つまらないわ」
葛原に向かって、夏見が言う。すると・・・
「いえ。メインイベントはこれからなんですよ。夏見お嬢様」
夏見の目を見つめながら、葛原はゆっくりと身を起こした。そして、一片の紙切れを懐から取り出すと、夏見に広げてみせる。
「これが、なんだか分かりますか?」
紙切れにはこんなくだりが書き付けてある。

『私、高橋義男は葛原丈様より、百億円のご融資を受けました。
ここに、それを証し、一筆書き残します』

高橋義男。それは、夏見の父の名である。それを見た夏見が驚愕した。
顔から、血の気が引いている。
「あなたのお父上は破産なさいました。ついでに言うと、どこかへ身をお隠しになられました」
葛原がそう言って、夏見から視線を外した。それは、まるで夏見を見放したとでも言うような、冷たい動作に見える。
「わ・・・わたくしは・・・どうすれば・・・?」
引導を渡された夏見は、がくがくと震える手を葛原に差し伸べた。
だが、葛原は一瞬押し黙った後、
「あそこに立つしかありませんな。もし、化け物と戦って勝てれば、お貸しした金はお返ししなくても結構です」
と、リングを指差した。

リングがせり上がっていく音を、夏見は放心のまま聞いていた。身には、パンティとブラジャーしか着けさせて貰ってない。
「どうして、わたくしが・・・」
ぶつぶつと呟く夏見。葛原の計らいで、怪物との戦いに勝てれば、借りた金は無しにしてくれると言うが、お嬢様として今日まで生きてきた夏見に、勝てる見込みなど、万に一つも無い。
「ああ・・・あれは!」
リングがフロアに上がると、夏見は絶望する。そこには、二メートルを越す巨大な犬の姿があった。しかも、股間にはおおぶりな男根が欲望を突き出している。
「グルル・・・」
犬が低く唸った。それに怯える夏見。ついには恐慌し、リングから逃れようとするが・・・
「助けてーッ!誰か!お願い!」
夏見がいくら叫んでも、誰も救いの手を差し伸べてはくれなかった。観客たちは知っているのだ。この女が、高橋財閥のお嬢様『だった』夏見である事を。
そのお嬢様が、恐ろしい容貌の化け物に犯される様が見たい、と、この場にいる全員が思っているのだ。泣き叫ぶ夏見が二度、三度柵を揺すった。その刹那・・・
「あーッ・・・」
やはり、前の挑戦者たちと同じような叫びを、夏見は上げたのであった・・・・・

コメントは停止中です。

サブコンテンツ