最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • PCMAX【18禁】

  • ワクワクメール【18禁】

オオミミズ

それは去年の夏、一人の少女が体験した出来事である。

高校生のノリコは、所属する女子陸上部の野外合宿に参加した。
そこでは、恒例のハイキングを行う。
好天に恵まれ、都会育ちの彼女には心地良い風がとても新鮮だった。
登山道の脇に花が咲いていた。
「わあー、きれい!」
何という花だろう?何か、不思議と心が引き寄せられる。
ふらふらと近づき、つい見とれてしまった。
「あっ、いっけなーい」
僅かな時間だと思ったが、すっかり置いてきぼりにされてしまい、必死で皆の後を追う。
しかし、不思議な事に追い着く事が出来ない。
そればかりか、あれほど居た他のハイカーに全く出会わないのだ。

とても不安になった。遭難したのだろうか?この山には自分しか居ないのではないか?
そればかりか、突然、天気が崩れ、降り出した雨が雷雨となって追い討ちをかけてきた。
雨具を忘れた彼女は、ずぶ濡れになりながら山を彷徨い、日が暮れかかった時に一軒の山小屋に逃げ込んだ。

中には誰も居ない。
有るのは、ランプが一つだけ。
寒い、寒い。
夏といっても、山の夜は冷え込む。
濡れたジャージとトレパンが体温を奪う。
暖を取ろうとランプに手をかざしても、気休め程度にしかならない。
そうだ、雪山で遭難した時には、お互いの体温で体を暖め合う。
素適な男性に暖めてもらえるなら…処女を捧げても構わない。
寂しい。誰でもいいから助けて欲しい。

疲労が睡魔となってノリコを襲った。
眠ったまま、凍え死んでしまうのだろうか。
うとうとしていた時、一気に眠気が醒めた。
叫び声を忘れる程、背筋が凍り付いた。
自分以外誰も居なかった筈の山小屋に、何かが居るのだ。
一瞬、大きな蛇かと思った。飼い主が山に捨てたのかと。
だが、鱗や、それらしい模様は無く、茶色で節の様な縞が有り、ぬらぬらした液体に覆われている。
まさか?そんな。
それは、長さ数メートルは有ろう、大きなミミズだった。

外は大雨、中には得体の知れないオオミミズ。
行き場を失った彼女は、小屋の隅でガタガタ震えながら、そのオオミミズを監視した。
こんな生き物が居るなんて…よりによって、大嫌いなミミズの化け物だ。
暫く様子を見ていたが、ピクリとも動かない。死んでいるのだろうか。
だが、極限状態で人は何をするか分からない。
ノリコは、そのオオミミズに近寄っていった。

そっと指で触れてみる。
「うわっ!」
これほど気持ちの悪い感触の生き物が他に有るだろうか。
まるで、体の内側と外側がひっくり返っているみたいだ。
指にねっとりと纏わり付いた液体は、いくら拭っても拭いきれない。

よせばいいと思いながらも、手のひらを当ててみる。
トクン、トクン。
体液が流れる感触。やはり生きている。
そして、とても大切な事に気付いた。
そのオオミミズは、人肌の様に暖たかいのだ。
悩んだ挙句、一大決心をした。生死に係わる寒さから逃れる為には、この方法しかないと。

 

ノリコは、濡れた服を脱いで全裸になった。
そして、正座をしてオオミミズの頭を膝に乗せて心から願った。
「お願い、私の体を暖めて」
すると、息を吹き返したようにオオミミズが動き始めた。

オオミミズは、ノリコの裸体をゆっくりと舐めるように巻き付いていく。
脇腹から背中へ、背中から腹へ、そして再び背中へ。
「うっ!…ううっ!」
ノリコは、身を捩じらせながらも生々しいミミズの感触に耐えた。
(我慢しなくちゃ!我慢しなくちゃ!)
やがて、胸から下は完全に巻き包まれた。自由になるのは両腕だけだ。

横になり、じっと堪えるが、少し動かれるだけでゾクッとする。
(こんなのがアソコに少しでも触れたら…)
脚だけはしっかりと閉じていた。
でも、とても暖かい…。

あれほど気持ち悪かったのに、暫くすると何故か心地良さを感じてきた。
白い肌は上気立ち、乳房が薄っすらと紅に染まっていく。
「あっ…あっ…あっ」
まだ、あどけなさの残る唇は、少女とは思えない程の妖艶で甘い喘ぎ声を漏らし始めていた。

ノリコは、オオミミズをぎゅっと抱き締めた。
すると、オオミミズも彼女をぎゅっと締め返してくる。
何という力強い包容力だろう。男の子に抱き締められるのも、こんな感じなのだろうか。
「もっと…強く抱き締めて…」
願いに応える様に、更に強く締め付けてくる。
「うっ!くっ!」
少し苦しかったが、不思議な心地よさだ。

今度は、両手でオオミミズを優しく撫でてみる。
オオミミズも、長い胴をくねらせてノリコの身体を愛撫した。
グチャッ、グチャッ。
淫猥な音が、ノリコの心の奥に秘めた性欲を掻き立てる。
「気持ちいい…気持ちいいよぉ」
まるで、何百枚もの舌で全身を舐め回されているようだ。

オオミミズが両脚の間に割って入ろうとした。
「だめ!そこは…そこだけは」
脚を堅く閉じてガードしていたつもりが、欲望に負けてしまい許してしまう。
オオミミズは、胴体をノリコの股の間にあてがった。
「はあうっ!」
自分以外の者に初めて触られてしまった。
ジュブッ、ジュブッ。
オオミミズの胴体が、執拗に陰唇を擦り付ける。
「ああああああっ!」
粘液と愛液が混ざり合い、尻へ流れる。
えも言われぬ快感に、ノリコは悶え狂った。
「いっちゃうっ!…いっちゃうっ!…んっ!…んっ!…んんんんんんんっーー!!」

その夜、晩くまでノリコとオオミミズは激しく絡み合った。
ランプで映し出される、自分とオオミミズが一体になった妖しい影を見つめながら、何度も何度も昇り詰めた。
そして、いつの間にか疲れて眠ってしまった。

窓から差し込む暖かい日の光で目を覚ました。
清々しい朝だ。
ノリコは、はっと気が付いた。
体には、まだ生暖かい粘液がべっとりと付いる。
夢ではない。オオミミズは、彼女が目覚める直前まで寒さから身を守ってくれたのだ。
しかし、オオミミズは何処にも居なかった。
小屋の外の湧き水で体を洗い、湿った服を着て下山を始めた。
無事に皆に再会する事が出来た。
雨に遭った事、山小屋の事を話した。もちろん、オオミミズの事は内緒だ。

今年の夏、ノリコは合宿で再びこの山を訪れた。
そして、その場所で、あの花を見つけた。
ふらふらと、無心で花に導かれるところを、友人達に呼び止められた。
「ノリコ、行っちゃうよー!」
「あっ、待ってよ、みんなー!」
ノリコは、足早にその場を離れた。
清々しい夏の風が花々を揺らしていた。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ