最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • PCMAX【18禁】

  • ワクワクメール【18禁】

けだもの姫

ある山深い僻地に、
『けだもの姫』
なる少女が存在する・・・と、巷ではまことしやかに語られていた。その少女は魔物を駆り、野を蹴って空を舞うと言われ、世上においてはある種の伝説となっている。もっとも、その姿を見たものに言わせれば、少女は幼く、またまれに見る美しさを持っているとの事。それ故、山の麓ではけだもの姫を崇め、恐れてもいた。

僻地に興された小さなお社。それが、けだもの姫こと小夜子の住まいである。
「サンザ、飯にしよう。直れ」
小夜子が山男のサンザと差し向かい、夕餉の支度などをしていた。見れば小夜子はまだ十歳かそこらという幼さで、手にした膳を運ぶ姿が危なっかしい。
「姫さま、手前が持ちます」
サンザは、小夜子の持つ膳を取ろうと手を差し伸べる。全身毛むくじゃらで、目だけが異様な輝きを放っているのは、山男ゆえか。だが、彼の者は魔物という立場にあっても、小夜子を敬っていた。
「いただきます」
膳が並べられると、少女と山男が神妙に手を合わせ、箸をつける。そして、共に今夜の糧にありつけた事を、感謝していた。

小夜子の住む社は、打ち捨てられた村に残された寂れ物。だから、障子は破れ、瓦が葺いてあるはずの屋根からも、雨漏りがする。しかし、小夜子は別段気にも留めない様子で、飄々と暮らしていた。
「姫さま」
「なんじゃ」
サンザが沢庵をぽりぽりとやりながら、小夜子に問いかける。姫さま、という言葉から察して、この二人が主従の関係にある事は、容易に読み取れた。もっとも、この荒れ社に住まう小夜子にとっては、姫などという呼び名は、くすぐったいだけなのだが。
「麓の村から、お囃子が聞こえますね」
「だからどうした」
「山の魔物たちが、騒いでいます」
「祭りに行きたいのか?まったく、しょうがないやつらじゃな」
サンザに言われると、小夜子が顔をしかめた。山の麓にある村で、五穀豊穣の祭りが行われているのは、小夜子も知っている。ただ、その賑わいに、魔物たちが誘われている事が、気に入らないのだ。
「姫さま。この山に住まう王として、魔物たちにお慈悲を」
サンザがお茶を啜りつつ、乞う。この山男は、小夜子へお願い事をする時には、決まって遠まわしな表現をする。若年ながら聡明な小夜子は、その意を素早く読み取り、
「考えておく」
とだけ答えた。

小夜子は、魔物の父と人間の母を持つ異形である。その生まれから、人間界からは忌み嫌われこそしたが、魔物界においては敬意を以って受け入れられ、今やこの山の王の座にある身だ。御年十歳。幼くはあったが、八百万(やおよろず)の魔物を統べる、異界の姫ぎみなのである。
「ごちそうさま。出かけてくるぞ」
小夜子が夕餉を済まし、外へ出ようとした。蝋燭の火に照らされた御姿が麗しい。
「いずれへ?」
「あやつらの所じゃ」
サンザが問うと、小夜子は山の方角を指差した。そこは、魔物たちが住む魔界を指す。
「祭りに行く事を、お許しになるので?」
「逆じゃ!誡めに行く!」
小夜子の顔に、呆れ顔が浮かんでいた。まがりなりにも、物の怪の類が祭囃子に心惹かれるとは何事ぞ!と、でも言うつもりなのか、握り締めた拳にも力が入っている。すると、サンザは頭を掻き掻き、
「姫さまのけち」
ぼそりと呟いた。

山の夜は闇が深い。しかし、小夜子は特に明かりも持たず、山道をすたすたと歩いていく。彼女自身異形ゆえに、夜目が利くようだ。

「あっ、姫さまだ」
「わーい、姫がきたぞう。みんな、出て来いよ」
ざわめく闇の中から、魑魅魍魎の類が現れ、小夜子を出迎える。やはり異界の姫、魔物たちから敬愛されているようだ。
「揃ってるか?」
万を越える魔物を前にしても、小夜子は何ひとつ怯えてはいなかった。
それどころか、王の貫禄と威厳を見せ、人々が恐れる魔物を物の見事に統べている。そして、何の前置きもなく、こう言った。
「祭りに行っちゃ、ダメ!以上!」
その途端、ええ!という無念の叫びが、魔物たちから漏れた。ある者は地団駄を踏み、狐狸の類は大げさに哭いてみせる。その様は、まるで学級会で騒ぐ悪戯坊主の如し。
「貴様ら、それでも魔物か!魔物としての誇りを持たぬか、ばか者め!」
魔物たちのブーイングは、まだ続いていた。だが、小夜子とて負けてはいない。
「騒ぐな!貴様たち、我を誰かと思うか!恐れ多くも、異界の王、小夜子であるぞ!」
ぴしゃり──と小夜子が言い放つと、魔物たちが静まった。見れば、小夜子の髪が逆立ち、恐ろしいまでの怒気が表れている。その姿はまさに異形のそれで、居並ぶ魔物たちを震え上がらせるには、十分過ぎるほどの迫力だった。

「は~い・・・」
小夜子の気迫に押され、魔物たちは次々と姿を消していく。口にする者こそいなかったが、誰もが不満を抱えている顔であった。
「やれやれ・・・」
山が再び闇に包まれると、小夜子は怒気を収め、人心地つく。異界の王も楽ではない──そう思いながら。しかし・・・
「帰る・・・か・・つうッ!」
帰途に着こうとした瞬間、小夜子は己の体の異変に気づき、その場へ蹲る。そして、魔物と人間の間に生まれた事を呪い、毒づき始めた。
「う、疼く・・・体が・・・くそッ・・・魔物の血が・・・騒ぐッ!」
がたがたと体を震わせ、小夜子は夜空を見上げた。彼女の中に流れる魔物の血──それが、先ほど怒気を見せた事で、奮い立っているのだ。
「ああ・・・アソコが・・痺れるゥッ・・・」
巫女服の袴を掻き分け、女を指でさぐるとはしたない蜜が溢れている事に気づく。まだ、性毛すら生えていない恥丘がぱっくりと割れ、淫らに色づいた女肉が顔をのぞかせ、泣いているのだ。
「ゆ、指が・・・」
勝手に──その言葉を押しとどめ、小夜子は自らの女を慰め始める。
幼いながらもしっとりと濡れそぼったそこは、何かを求めるように口を開け、切ない疼きを癒して欲しいと叫ぶのであった。

小夜子は、適当な木の幹に股間を擦りつけ、まるで畜生の如く腰を振りつけていた。幹から出た小ぶりな枝を女へあてがい、淫ら極まる自慰に酔い、しくしくと涙を零している。
「あッ・・・ああッ!」
枝の感触が滑らかな事を幸いに、小夜子は無垢な体を快楽に任せた。枝が男根を模し、疼く女を慰めてくれる事が、至福にも思える。
「何で・・・こんな事を・・アウッ・・・」
猛々しい魔界の血が、か弱い人間の身を併せ持つ自分を責めるのは、本能の部分で感じていた小夜子。しかし、時を経るにつれ、どんどん淫蕩になっていく事が、少女の身には恐ろしくて仕方がなかった。
「アソコがじんじんするよう・・・誰か、助けて・・」
幼さゆえ、小夜子は女を満たす男根の存在を知らない。しかも、異界の王という立場もあって、この情欲を発散させる術を誰かに尋ねる事も出来ないのだ。と、その時──
「あれ?姫さま・・・」
闇を裂き、のっそりと山男のサンザが現れた。彼は、主が魔物たちをちゃんと言い聞かせられるかが心配で、ここへ馳せ参じたらしい。

「ああ、サンザ・・・見ないでくれ」
木の枝に尻を擦りつけ、腰を振る姿が惨めな事は、小夜子にも理解出来ている。だが、そのあさましい行為がやめられないのだ。まして、魔物を統べる王たる自分が、畜生のような格好でいる事は、狂ってしまいそうなほど、恥ずかしい。そんな逡巡が、小夜子を惑わせていた。
「物狂いですか。姫さま、こちらへ」
事情を察したサンザが小夜子を抱える。魔物の血が、少女の人間の部分を侵し、狂わせている事がこの山男にはすぐ分かった。
「い、いやじゃ・・・もっと、こうしていたい・・」
尻を丸出しにしたまま、サンザに抱えられた小夜子は目を蕩けさせ、恥ずべき行為を続けたいと願う。しかし、ここでそんな事をすれば、他の魔物に見られないとも限らない。だから、サンザは走った。
「姫さま、少々のご辛抱を」
あふん、と甘く鼻を鳴らす小夜子を見て、異形の業深さを思うサンザ。
そして、山間をムササビの如く駆け、向かった先は小さな泉であった。

「姫さま、体の火照りはここで癒しなされ」
泉のふちに小夜子を立たせ、サンザが退がった。小夜子はまだ、夢遊病者のようにふらつき、自らの女へ指を突きこもうとしている。

ピイッ──とサンザが指笛を噴くと、泉の水面が泡立った。そして、泡の中から何やらイゾギンチャクさながらの姿を持つ、魔界の植物が現れる。
「グ・・・ゴゴ・・・」
魔界の植物は知性を持ち得ないらしく、唸り声しか上げていない。だが、おぞましきはその風体。太さの異なった何百本という触手で天を突き、泉の淵に立っている少女を見やり、ゆっくりと体を揺らす、その姿である。
「あ・・・こ、これ・・は・・なに・・・?」
半目になり、今だ股間を弄る小夜子へ、魔界の植物が覆い被さっていく。
うねる触手が体を持ち上げた時、小夜子は少しだけ驚きを見せたが、疼く女に気を取られているためか、逃げようとはしなかった。
「肉食ではありませんので、ご安心を」
イソギンチャクに酷似した魔界の植物が、頂点にある口と思しき部分へ、小夜子を跨らせた時、サンザは泉のほとりへ陣取る。
(忍びないが)
触手が小夜子の足を取り、口の部分が女へと吸い付いていた。魔界の植物は肉食でこそないが、動物の分泌液を好み、激しく吸うという習性をサンザは熟知している。それが、今の小夜子にとって、何を意味するのか──

「ああーッ・・・・・」
がくん、と小夜子の体が弾む。しかも、目を剥いて唇を震わせ、顔面蒼白という様相を見せている。
「始まったか」
サンザは、泉のほとりを動こうとはしなかった。小夜子が、魔界の植物に襲われているというのに。
「あーッ!あーッ!」
哀れにも、小夜子は両足を触手によって水平に近い状態まで広げられ、女の部分へ別の触手を迎えていた。細く、妖しいぬめりを持った責め具が、少女の女をこじ開け、悲鳴を上げさせていたのである。
「姫さま・・・」
サンザが見てるうちに、小夜子の体はすっかりと触手に覆われ、今や完全な囚われ人と化していた。まだ膨らみを持たぬ乳房を這う触手は、母乳を授ける
乳腺を求めるように乳首へと絡みつき、容赦なく絞り上げる。
「キャーッ・・・」
驚嘆の連続。小夜子は乳首を締め上げられ、泣き叫ぶ。何と言っても、人間の年齢で言えばまだ十歳なのだ。しかし、魔界の植物に少女を慮る気配は無い。
彼の者が最も好む分泌液──それが滴る場所を全て蹂躙し、甘露を味わい尽くすまでは、決して小夜子は解放されないであろう。

「う・・・あ・・ああ・・・あ・・あ・」
小夜子が逆さ釣りにされ、女を責められていた。触手は分泌液を吸うために、小さな吸盤をいくつも供えている。それを使って、魔界の植物は少女の女を穿っていた。その間、小夜子はうめきを漏らすだけで、大した抗いは見せていない。もっとも、抗った所で数え切れない触手に戒められていては、自由になる事は不可能だった。
「お・・・お尻の・・穴・・が・・ひいッ・・・やめ・・て」
触手が小夜子の肛門内へ侵入した。そこは、最も臭いが強い場所ゆえに、触手の容赦ない責めを一身に背負う事となる。
「ひ・・・ぎいッ!うわあッ!うああッ!」
釣り上げられた海老のように、小夜子が仰け反った。仰け反り、足をばたつかせては正気と狂気の狭間を行き交っている。その様はまさに悶絶という表現が相応しく、哀れな異形の業をまざまざと見せ付けていた。

「姫さま、おかわいそうに」
サンザが微動だにせず、一部始終を見守っている。主である小夜子が魔界の植物に犯される様は何とも忌まわしく、また、淫らでもあった。しかし、こうしなければ、小夜子の業は癒されないのである。魔物と人の間に生まれた、危ういバランスの結晶、小夜子に課せられた、悲しい性は・・・

泉に静寂が戻っていた。魔界の植物はすでに姿を消し、そこには犯され抜かれた小夜子が、仰向けにぷかりと浮かんでいるだけ。
「姫さま」
サンザが小夜子に近寄ると、彼女自身の性臭と触手が零した粘液の臭みが鼻を抜けていった。そして、幼い少女の恥穴から漏らされた、様々な異臭も。
「良かった。物狂いはおさまったようだ」
小夜子が人心地ついているのを見て、サンザは安堵する。植物に嬲られはしたが、魔の血がもたらす淫靡な疼きは影を潜めていた。
「・・・サンザ・・・迷惑をかけたな」
泉に浮かんでいる小夜子にも、正気が戻っている。だが、全身に至る触手の感触は、今だ生々しく残っており、身動きが取れそうにない。
小夜子は震える手をサンザへ差し出し、済まなそうに目を細めた。
すると・・・
「いいのです。これが、私の使命と心得、姫さまと共に業を背負って参ります」
山男のサンザは出された手をしっかりと握り、小夜子の体を抱いた。
「帰りましょう、姫さま」
「うん」
ふっさりと柔らかな山男の体毛を素肌に感じたとき、小夜子はふと、揺りかごにでも揺られているような気持ちとなる。そして、魔界の闇が案外温かな事に気づきながら、軽い睡魔に襲われ、眠りについたのであった。

翌朝、魔界では緊急の通達が行われた。その内容は、以下の如く。

『麓の祭りに参加する事を許可する  但し、すべからく人間の姿に化けていく事。  草々 小夜子』

それを聞いた魔物たちが、飛び上がって喜んだ事は言うまでも無い。元々、魔物とは人間の因果が生んだ物。だから、祭りが好きでも致し方ないと、小夜子は譲ったのである。そして、お社では・・・

「サンザ、飯にしよう」
「はい、姫さま」
と、いつもながらの朝餉の風景があった。勿論、小夜子とサンザの差し向かいで。
「飯をよそってやる。椀を寄越せ」
「申し訳ありません、姫さま」
小夜子がおひつから飯をよそい、サンザがうやうやしく受け取る。そんなほのぼのとした光景は、いつまでも変わらないようだ。最後に、巷では今日もこんな噂話が飛んでいる事を追記し、おしまい。

『山奥に、けだもの姫なる少女がいて、魔物を統べているそうな』

コメントは停止中です。

サブコンテンツ